ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 林道ゲートへの監視カメラ設置後の状況について(石狩森林管理署管内)


ここから本文です。

プレスリリース 

平成25年11月12日
北海道森林管理局

 

 

林道ゲートへの監視カメラ設置後の状況について(石狩森林管理署管内)

石狩森林管理署におきましては、林道ゲートの鍵を損壊するなどの悪質かつ危険な無断入林や不法投棄が後を絶たないことから、9月25日付けプレス「林道ゲート鍵損壊に係わる「監視カメラの設置」について」として、各社における報道、管内市町村の広報紙及び北海道森林管理局ホームページへの掲載以降、9月下旬に管内の主たる数路線に監視カメラを設置したところであります。

監視カメラの設置以降、本日までの状況につきましては、設置箇所はもとより、他の林道も含めて、ゲートや鍵の損壊・紛失(例年であれば月に50件程度)は確認されておらず、国有林野の適切な管理に効果がありました。

これも、多くの市民の皆さんに国有林林道の管理についてご理解いただき、ご協力頂いた結果と考えております。

本年におきましては降雪期を迎えたことから「監視カメラ」を一旦撤去し、入林者が多くなる来春融雪後の山菜時期に改めて設置し、引き続き一般入林者への注意喚起を行っていくこととしております。

お問い合わせ先

北海道森林管理局 保全課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5250 FAX:011-616-4021

北海道森林管理局 森林整備第二課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5219 FAX:011-614-2654

石狩森林管理署(担当:次長)
電話:011-563-6111 FAX:011-563-6113

森林管理局の案内

リンク集