ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 林道ゲート鍵損壊に係わる「監視カメラの設置」について(石狩森林管理署管内)


ここから本文です。

プレスリリース 

平成25年9月25日
北海道森林管理局

 

 

林道ゲート鍵損壊に係わる「監視カメラの設置」について(石狩森林管理署管内)

国有林野内の林道は、一般の車両通行には危険な箇所が多く、石狩森林管理署で管理する林道についても一部を除き、安全管理上、ゲートに施錠をしており車両での通行はご遠慮いただいているところです。

しかしながら、林道ゲートの鍵を損壊するなどの悪質かつ危険な無断入林が後をたたず、多いときには月に50件を超える鍵の損壊があるほか、本年6月下旬には、奥定山渓の国有林において、タケノコ採取のために入山した方が遭難し、警察を始めとする各関係機関の捜索により無事保護されるという事案や、7月上旬には近隣箇所で一時遭難するという事態も発生しているところです。

このようなことから、北海道森林管理局としては、林道所在地区を所管する警察署と相談のうえ、石狩森林管理署管内の一部林道に「監視カメラ」を設置し、悪質な行為に対し厳しく対応することとしますのでお知らせ致します。

なお、監視カメラ設置箇所には「監視カメラ作動中」の掲示を致します。

お問い合わせ先

北海道森林管理局 保全課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5250 FAX:011-616-4021

北海道森林管理局 森林整備第二課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5219 FAX:011-614-2654

石狩森林管理署(担当:次長)
電話:011-563-6111 FAX:011-563-6113

森林管理局の案内

リンク集