このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    大雪山森林生態系保護地域のボランティア巡視員制度の説明会について

    • 印刷
    平成29年2月13日
    林野庁上川中部森林管理署

    大雪山地域は、大雪山国立公園に位置するなど、貴重な自然及び壮大な山岳を有しています。北海道森林管理局では、原生的な森林生態系からなる自然環境の維持、動植物の保護等に資することを目的として、平成6年に森林生態系保護地域に指定し、その自然環境の保護を図っています。

    林野庁上川中部森林管理署では、大雪山森林生態系保護地域の保護・管理の充実を図るため、平成29年度よりボランティアによる巡視員制度を創設することとし、本制度に係る説明会を下記のとおり開催することとしました。

    参加いただける方は、3月13日(月曜日)までに担当までご連絡ください。

    1.日時

    平成29年3月17日(金曜日)13時30分~15時30分

    2.場所

    上川中部森林管理署会議室
    旭川市神楽3条5丁目3番11号

    3.内容

    (1)ボランティア巡視員制度の概要
    (2)ボランティア巡視員の役割
    (3)国有林利用の基本的なルール

    4.対象になる方

    • 登山、ガイド等で森林生態系保護地域内の歩道等を利用されている方
    • ボランティアとして国有林の保護・管理にご協力いただける方

    大雪山森林生態系保護地域


    大雪山森林生態系保護地域    位置図

    お問合せ先

    林野庁上川中部森林管理署
    担当:三浦、塚田
    TEL0166-61-0207

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader