ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 札幌水源の森づくり


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年8月27日

北海道森林管理局
石狩地域森林ふれあい推進センター

札幌水源の森づくり

札幌市民の利用する水道水の98%は豊平川から供給され、その上流部には「水源の森」定山渓国有林があります。

このイベントでは、街の真ん中「大通公園」において、訪れた市民の皆さんに「水源の森」をつくるポット苗木を作っていただきながら、定山渓国有林や札幌のおいしい水等について深く知っていただくことをねらいとしています。 

開催概要

1.日時

平成25年8月31日(土曜日)10時00分~13時00分頃まで
(雨天決行、苗木がなくなり次第終了)

2.会場

札幌市大通公園西8丁目

3.主催・協力

主催:北海道森林管理局・札幌市
協力:北海道、(一財)札幌市水道サービス協会、北ぐにの森づくりサークル、平岡楡の会

4.内容

(1)東三郎北大名誉教授考案の再生段ボール製「カミネッコン」を使用したポット苗木づくり(ミズナラ、トドマツなどの郷土樹種)
(2)森、水に関するパネル展示等

5.苗木(ハスカップ)等のプレゼント

ポット苗木を作っていただいた方のうち、先着200名(当日9時50分より整理券を配布します)にハスカップ苗木、クイズやアンケートに答えると「さっぽろの水」等をプレゼント

6.その他

(1)事前のお申し込みは不要です。当日会場に直接お越しください
(2)作製したポット苗木は、10月初旬に定山渓国有林に植栽する予定です

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

お問い合わせ先

石狩地域森林ふれあい推進センター
担当者 所長 渡辺 自然再生指導官 東本
代表:011-533-6741
Fax:011-533-6743

札幌市コールセンター
電話:011-222-4894

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集