このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    「平成29年度国有林材の安定供給システムによる販売(製品販売)」の実施に係る公募(第2回)について

    • 印刷
    平成29年7月26日
    林野庁北海道森林管理局
    国有林材の安定供給システムによる販売(以下「システム販売」という。)は需要者と協定を締結し、林産物を数量・価格の両面で安定的に供給する方法です。
    このことを通じて、地域の林業・木材産業の活性化や新たな需要の拡大、原木の加工・流通の合理化等に貢献できるよう、より一層推進していきます。
    また、林業の成長産業化に向けて、需要者のニーズに対応した国産材の安定供給体制の構築に向けて、さらに政策効果が高まるよう見直しを加えつつ、積極的に活用していきます。

    今回の公募は平成29年度第2回目として、単年度を協定期間とするもの49.4千立方メートルと2カ年を協定期間とするもの8.2千立方メートルの公募を行います。
    協定の選定は、一定の要件を満たしている者による企画競争方式によることとしています。
    林業の成長産業化へ向けてシステム材を活用して、生産・加工流通構造の改革(施設の拡大や合理化・効率化等)、山土場に集積された原木を工場等へ直送する取り組み、木質バイオマス発電など原料材や未利用資源を有効に利用する取り組み、国産材のシェアや需要者の範囲を拡大する取り組み、地域の振興等への貢献を図るため、地域の林業・木材産業はもとより農林水産業への貢献を図る取り組み等、新たな取り組みを含め最近の情勢を踏まえた具体的な内容を可能な限り数値指標を用いて、取り組みの目玉やトピックス等をわかり易く記載した企画提案をお待ちしています。
    なお、今回は、企画提案の審査を経て9月中旬頃までに協定を締結することとしています。


    公募中の物件内容、申請書様式等詳細については、北海道森林管理局ホームページ(「国有林材の安定供給システム販売(製品販売)」の実施に係る公募について)または最寄の森林管理署(支署)掲示板をご覧願います。

    お問合せ先

    森林整備部資源活用第二課

    ダイヤルイン:050-3160-6296
    FAX番号:011-614-2654

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader