このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    グリーン・サポート・スタッフ(GSS)

    マナー啓発

      グリーン・サポート・スタッフとは、国有林における短い登山シーズンに多数の入り込み者が集中し、人為による歩道や植生等の荒廃、避難小屋周辺の糞尿放置などが顕著になっており、この対策を行うために、巡視、入り込み者への指導・啓発、簡易な補修及び巡視結果のとりまとめ等を行う非常勤の森林保護員(有給)です。

    北海道森林管理局では、平成18年度から、入込の集中などによる植生荒廃やゴミの不法投棄等のおそれの高い知床世界自然遺産をはじめとする国有林で、グリーン・サポート・スタッフを雇用し、入林者へのマナー啓発活動や不法投棄防止、標識や歩道の簡易な整備活動等、きめ細やかな保全管理活動を進めています。 

    活動情報

    今年度は、13の森林管理(支)署において、土曜、日曜も含めて各地域の国有林における活動を積極的に進めます。
    活動状況(巡視日誌等)には、活動が始まると地域の最新情報も載りますのでぜひご覧ください。 

    森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG

    採用

    グリーン・サポート・スタッフは、非常勤の国家公務員(職種は「臨時作業員」で有給です)で、公募により採用しています。  

    募集状況

    お問合せ先

    計画保全部計画課
    ダイヤルイン:011-622-5243
    FAX:011-614-2652

    グリーン・サポート・スタッフの採用についてのお問い合わせは、公募中の森林管理署までお願いいたします。

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader