このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトギャラリー

    道南の国有林は、北海道内でもたいへんユニークな森林として知られています。
    ブナ林、ヒバ林、スギ造林地の北限とトドマツの南限が重なっている地域であり、このことは道南の森林帯を特徴づけるものとなっています。
    ここでは、駒ヶ岳や大沼国定公園周辺などの道南の国有林で見られる木々、花などを撮影した写真を公開しています。
    季節ごとの自然や森林、花の風景などをデスクトップ上でお楽しみください。

     写真をクリックすると、大きなサイズで表示できます。

    個人利用の場合に限り、大きなサイズの写真をパソコンに保存して、パソコン用の壁紙やスクリーンセーバーとしてご利用いただけます。

    ご利用にあたっては、北海道森林管理局の「リンクについて・著作権」をご覧ください。

    表紙写真 


    駒ヶ岳・大沼の写真平成25年撮影

    これまでトップページに表示した写真を掲載しました。
    ここをクリックすると、該当のページにジャンプします。
    季節ごとに違った表情を見せる駒ケ岳と大沼をお楽しみ下さい。 
     

    駒ヶ岳

    駒ヶ岳は、北海道南端の渡島半島東南部に位置する独立蜂で、南斜面のほぼ全面が国有林となっています。
    駒ヶ岳の南には噴火活動によってせき止められた湖(大沼湖など)が形成され、駒ヶ岳の山容と相まって風光明媚な景観を作り出しています。 

    カラマツの稚樹

    カラマツ

    カラマツの稚樹です。
    駒ヶ岳ではカラマツは先駆樹種として勢力を拡大しています。

    駒ヶ岳の全景

    駒ヶ岳

    鹿部側から見た駒ヶ岳。
    ゴリラの昼寝という人もいました。

    シラタマノキ

    シラタマノキ

    白い果実に淡い紅色がよく映えます。
    10月初旬これから厳しい冬を迎える駒ヶ岳です。

        

    西大沼国有林

    西大沼国有林は、大沼公園小沼の湖畔に位置しています。
    当センターでは、たくさんの方に対して、森林への関心と理解の醸成を図り、森林環境教育の普及を推進するため、ここに「樹木博士認定常設コース」を設置しました。

    ここで「樹木博士認定会」などを開催しており、多くの方が森林に楽しまれています。  

    蛾(オオミズオア)

    葉っぱ?

    よ~く見ると、葉っぱから触角のようなものが。
    蛾(オオミズオア?)ではないでしょうか。

    雪虫(トドノネオオワタムシ)

    雪虫

    小さい虫が折り重なってついています。
    トドノネオオワタムシ、通称「雪虫」です。

    ムラサキシキブ

    ムラサキシキブ

    その名のとおり綺麗な紫の実をつけています。

     

    吉野山国有林 

    吉野山国有林には、当センターで自然再生を進めるためのモデル事業に取り組んでいる区域があります。
    平成16年度から「多様性のある森林への再生」を実施する区域として、大沼自然豊かな森づくり協議会の皆様と一緒に森林整備を進めています。 

    エゾニワトコ

    エゾニワトコ

    初夏の新緑の山では、真っ赤な実がとても目立ちます。
    漢字で書くと蝦夷接骨木、骨折治療の湿布として用いられていたそうです。

    マイズルソウ

    マイヅルソウのじゅうたん

    一面に敷き詰められたマイヅルソウのじゅうたん。
    まだ所々に雪の残る、4月の下旬です。

    マタタビ

    マタタビ

    夏のマタタビです。
    霜が降りて軽くしばれるとおいしくなるそうです。

     

     

    以前のフォトギャラリーは、こちら

    お問合せ先

    駒ヶ岳・大沼森林ふれあい推進センター

    ダイヤルイン:0138-51-0381
    FAX番号:0138-51-8908