このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    本通小学校の樹木園で樹名板を設置

    生徒が手作りした樹名板を設置しました

    平成30年2月22日(木曜日)、函館市立本通小学校の樹木園で樹名板の設置を当センターがお手伝いしました。

    これは本通小学校の6年生が「本通小樹木園マップ」を作成する一貫として行っているもので、「樹種名と特徴について学習」「樹木園内の木の位置を調査」に続き、生徒が手作りした樹名板を樹木園内の木に設置する作業を行いました。

    今年の函館は例年になく大雪で樹木園内には1m以上の雪が積もり、樹木園に入ることができるか心配されましたが、意外と深くぬかることなく歩け、寒いながらも良く晴れた天候の中で、みんな楽しそうに樹名板の設置作業を行っていました。

    樹名板を設置したあと、冬芽で木の特徴を学習しました。「樹種名と特徴について学習」の時にも少し学習したので、トチノキの冬芽はベトベトなど、覚えている生徒も結構いました。

    今年3月で卒業する6年生にとって、樹名板の設置は良い記念となったようです。

     

    樹名板設置の様子
    樹名板設置の様子

    みんな楽しいそうに樹名板を設置しています
    みんな楽しいそうに樹名板を設置しています

    冬芽で樹種の特徴を勉強
    冬芽で樹種の特徴を勉強

    お問合せ先

    駒ヶ岳・大沼森林ふれあい推進センター

    ダイヤルイン:0138-51-0381
    FAX番号:0138-51-8908