ホーム > 報道・広報 > 災害関連情報 > 北海道森林管理局からの災害情報 > 台風7号・9号・11号・10号による森林災害(風倒被害)調査について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年9月21日

林野庁北海道森林管理局

 

台風7号・9号・11号・10号による森林災害(風倒被害)調査について

林野庁北海道森林管理局では、相次いで上陸した台風7号等により発生した森林被害(風倒被害)状況の把握のため、地上調査やヘリコプターによる調査のほか、ドローンも活用した調査を行っているところです。

9月20日までに明らかになった国有林の被害状況についてまとめましたのでお知らせします。

1.市町村別被害面積

市町村

被害面積

八雲町

85ヘクタール

せたな町

83ヘクタール

壮瞥町

16ヘクタール

今金町

8ヘクタール

森 町

7ヘクタール

その他の市町村

10ヘクタール

合計

209ヘクタール

2.被害額

  53百万円

 

(注)まだ調査中であり、今後数値は変わる可能性があります。

その他の市町村は、長万部町、洞爺湖町、鶴居村、弟子屈町、白糠町となっております。

3.被害地写真

 

二海郡八雲町

二海郡八雲町(ドローンを活用した調査)

久遠郡せたな町

久遠郡せたな町(地上調査)

 

写真や動画をご覧になりたい方はご一報下さい。

お問い合わせ先

森林整備部森林整備第一課
担当者:金田、荻原
ダイヤルイン:011-622-5218
FAX:011-614-2654

森林管理局の案内

リンク集