ホーム > 森もり!スクエア > こんにちは森林官です!(占冠森林事務所)


ここから本文です。

 

こんにちは森林官です!

広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します

こんにちは森林官です! 

上川南部森林管理署 占冠森林事務所 森林官 妻藤 荘史

 占冠

占冠(しむかっぷ)村

占冠村は上川総合振興局の最南端に位置し、道東自動車道やJR石勝線、国道237号・274号がとおる交通の要衝です。

占冠の語源はアイヌ語のシ・ムカッ・ペッに由来し、「鵡川の本流」を意味するといわれています。鵡川の語源は諸説ありますが、「川尻が絶えず移動するところ」「(海の上げ潮により河口が)塞がる川」などとされており、いずれも水量が豊富で、時には上流から多くの土砂を押し流す鵡川の特徴を表していると考えられます。

北海道の南北を結ぶ山岳帯はオホーツクプレートと東日本マイクロプレートという2つのプレートの衝突地点であり、ここ占冠でもかつて海底であったころの面影を残す地層が随所に顕れています。

特に村の観光スポットでもある赤岩青巌峡では、海底に堆積したプランクトンなどに由来する赤色チャートの巨岩や、鵡川の浸食を受けて広がる蛇紋岩の露頭がみられます。

赤岩青巌峡

赤岩青巌峡

巨大な氷柱 

巨大な氷柱

四方を山に囲まれた地形であることから冬期は非常に寒いことでも有名で、過去には最低気温-35.8度を記録したこともあります。

占冠村では「自然体感占冠」をキャッチフレーズとして、こうしたダイナミックな自然の営みを観光資源としています。村内ではラフティングやクライミングのほか、トマムリゾートにおけるスキーや雲海テラスなどを楽しむことができます。

今年の紅葉

今年の紅葉

占冠猟区の取り組み

平成26年度より、占冠村を猟区管理者として村内ほぼ全域を管理型の猟区とする「占冠村猟区」の取り組みがスタートしました。今年度も10月より占冠村で入林申請を受け付けており、占冠村内をフィールドとしてガイドハンティングを行うことが出来ます。

占冠森林事務所

占冠村における森林面積は94%にのぼり、そのうち90%を国有林が占めています。占冠森林事務所は占冠村内48,305ヘクタールのうち14,449ヘクタールを管轄しています。

造林地と夕張岳

造林地と夕張岳

主な森林官の業務としては、融雪や豪雨などによる被害の有無を確認する林道の点検や沿線の巡視、造林地における下刈事業や素材生産事業の監督検査、今後の森林計画の基礎となる森林の蓄積を把握するための地林況調査などをしています。

造林地

造林地

地滑りによる傾斜木

    地滑りによる傾斜木

特に近年の災害の増加に伴い、林道等のこまめなメンテナンスは重要度を増しています。

管内の林道はすべて砂利道であり、その沿線もいわゆる谷地(湿地)や蛇紋岩など降雨等の影響を受けやすい地質も多いことから、まとまった降雨や融雪が見込まれる際には林道沿線の変化に気を配るようにしています。

また、入林者の皆様には林道の入り口に標示板を設けるなどして注意を呼び掛けています。

 林道通行にかかる標示板 林道通行にかかる標示板

林道通行にかかる標示板

国有林モバイルカリング 

占冠担当区での特徴的な取り組みとしては、今般全国的に問題視されているシカ被害への国有林の対策事業のひとつであるモバイルカリング事業があります。

モバイルカリングとは、車両で移動 (モバイル)しながら、組織的かつ計画的な個体数調整(カリング)を行う捕獲手法で、銃猟による発砲を伴うため、一般車両の通行を規制し実施しています。

 

林道に現れたエゾシカ

林道に現れたエゾシカ

モバイルカリング

 モバイルカリング

占冠担当区では平成25年度より、エゾシカ対策について意欲的な取り組みを続けている占冠村などからのご協力をいただきながら事業を実施しています。

現在のところ、シカの捕獲技術としてのモバイルカリングは開発途上にあります。

今後とも各方面との連携をしながら、エゾシカの効率的な捕獲に向け模索を続けていきます。

終わりに

初めて森林官として占冠森林事務所に赴任して1年半になりました。

様々な方のご指導のもと、少しずつ仕事や地域について学んでいく中で感じるのが、「気づき」の大事さと難しさです。私たちが管理する国有林は、先人達が木を植えて育ててきた「持続可能な資源」であり、多様な野生動植物にとっての生息域であり、地域の住民にとっての貴重な水源であり、仕事場であり、この場所を訪れる人にとってのレクリエーションのフィールドでもあります。

その「公益的機能」は、常にその全てを満たせるとは限りませんが、こうした多角的な視点を忘れずにそれぞれの機能を少しずつ向上していくことで、後世に向けたよりよい山づくりを続けていけたらと思っています。

冬期に飛来するオオワシ

冬期に飛来するオオワシ

事務所付近

占冠事務所の皆さん

上川南部森林管理署
占冠森林事務所 
住所:北海道勇払郡占冠村字中央
電話:0167-56-2803 

 

 

 

 森林官とは? 

「森林官」とは林野庁の森林管理署の出先機関である森林事務所の責任者です。

それぞれの管轄する国有林において、森林づくりを進めるための各種調査、植林・伐採・林道等の管理事業等に係る監督や検査、森林パトロール、境界の管理、動植物の調査、森林教室のインストラクター、特別司法警察員としての「森林警察」業務など多岐にわたっています。 

 

最新の記事

2015年の記事

恵岱別森林事務所(北竜町)

川湯森林事務所(弟子屈町)

朝日森林事務所(士別市)

雄柏森林事務所(滝上町)

黒松内森林事務所(黒松内町)

芽登森林事務所(足寄町)

大関森林事務所(八雲町)

芭露森林事務所(湧別町)

尾田第二森林事務所(大樹町)

網走森林事務所(網走市)

2014年の記事

礼文森林事務所(礼文島)

赤井川森林事務所(赤井川村)

羅臼森林事務所(羅臼町)

稲里森林事務所(むかわ町)

勝山森林事務所(置戸町)

幌延森林事務所(天塩町、幌延町)

南部森林事務所(夕張市)

三渓森林事務所(苫前町)

奥静内森林事務所(新ひだか町)

2013年の記事

大滝森林事務所(伊達市)

士別森林事務所(士別市)
上の国森林事務所(上ノ国町)
螺湾森林事務所(足寄町)
阿寒湖畔森林事務所(釧路市)日高森林事務所(日高町)
二ペソツ森林事務所(新得町)
層雲峡森林事務所(上川町)
紋別森林事務所(紋別市)
幌加内森林事務所(幌加内町)上富良野森林事務所(上富良野町)
駒ヶ岳森林事務所(森町)

2012年の記事

広尾森林事務所(広尾町)
滝森林事務所(遠軽町)
初山別森林事務所(初山別村)
野幌森林事務所(江別市)
東藻琴森林事務所(大空町)
増毛森林事務所(増毛町)
幾春別森林事務所(三笠市)
落石森林事務所(根室市)
常呂森林事務所(北見市)
中頓別森林事務所(中頓別町)苫小牧森林事務所(苫小牧市)

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271