ホーム > 森もり!スクエア > こんにちは森林官です!(奥静内森林事務所)


ここから本文です。

 

こんにちは森林官です!

広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します

こんにちは森林官です! 

日高南部森林管理署 奥静内森林事務所 森林官 中澤 朋良

合併して誕生した町新ひだか町

新ひだか町(しんひだかちょう)は、2006年(平成18年)3月31日、静内郡静内町と三石郡三石町が合併して誕生した町で、地理的には日高振興局沿岸中部の静内川河口市街地が広がり、南西部は太平洋、北東部には日高山脈を抱えています。

日高振興局管内で最も人口が多く(約25,000人)、大きな商店も存在するため、日高振興局の中心都市的役割を果たしています。

また、観光では「二十間道路の桜並木」(日本の道100選、北海道遺産)、北海道百名山にも選ばれているペテガリ岳(1,736m)やカムイエクウチカウシ山(1,979m)、1839峰(1,842m)、イドンナップ岳(1,752m)といった秀峰があります。

二十間道路の桜並木

二十間道路の桜並木

御園合同森林事務所

御園合同森林事務所

(左から 新山森林官、菊池技官、中澤森林官、小針技官、鈴木森林官)

私の勤務する奥静内・春別森林事務所の管理面積は約29,120ha(奥静内12,295ha、春別16,825ha)で、小針技官と2人で管理しています。また、同じ合同森林事務所には御園西・御園東森林事務所も入っており、総勢5人体制で相互に応援体制を組みながら旧静内町の国有林約54,470haを管理しています。

旧静内町の国有林内には、春別・双川・静内・高見・東の沢ダム及び発電所があり、中でも、道営高見ダムは堤高120m、堪水面積675haで、現在、北海道内最大の貯水量を誇っています(夕張市のシューパロダムが完成すると第2位になります)。

高見ダム1 高見ダム2

満水時の高見ダム

スノーモービルを使っての森林踏査

冬期間森林事務所では、スノーモービルや山スキー、スノーシューなどを使っての森林踏査や造林地調査を行っています。

まず通勤路の安全確保を行うのですが、この時期は林道のあちこちで雪崩が起きているため、人海戦術でスノーモービル1台分の道をスコップで作っていきます。時期を逃すと、雪崩部分が硬く固まって掘削不能になるため、天気予報を確認しながら、道付けと林内作業は短期間のうちに集中して行う必要があります。

「夏には出来ないの…?」との声も聞かれますが、夏は道路の破損等で車が進めず、徒歩距離が長くなること、現地は背丈以上の笹で覆われていること、また夏には各種監督・検査業務が集中しており、冬季間の業務閑散期に行う方が効率的と考えています。 

スノーモービル

         スノーモービルを使って森林踏査や造林地調査

雪崩道作り 道開通

雪崩道作り                       道開通       

ある日の森林官の一日

  8:30 朝のミーティング、車輛準備

  9:00 合同森林事務所を出発

     車輌での終点到着

10:30 スノーモービルに乗り換えて出発

12:00 ペテガリ山荘で昼食

12:45 スノーモービルで更に奥地へ出発

13:20 天候悪化で作業終了

14:00 ペテガリ山荘で休憩後車へ向けて出発

14:45 車輛に到着。スノーモービル片づけ

     スノーモービルをトレーラーに乗せて出発

16:50 合同森林事務所に到着

     車輛とトレーラーを車庫に格納

17:15 業務終了

ペテガリ山荘 注意書き

ペテガリ山荘                                                                       注意書き     

休憩中 森林官の昼食

休憩中の森林官                                                             森林官の昼食     

道内森林事務所唯一の『自動撮影による野生生物観測』

2008年、森林総研平川氏の研究発表に当時の森林官等が興味を持ち、森林事務所主導で始まった森林総研との共同調査は、歴代の森林官を経て現在私と小針技官、そして2013年度から署長の発案でえりも岬までフィールドを広げ、観測データを積み上げています。

この自動撮影された写真には、ヒグマやエゾシカなどを代表する多くの野生動物が写ります。それらの写真と供に撮影に関するデータを森林総研へ提供し解析することで、野生生物の生息範囲や生息数の推移などのデータが得られ、そのデータは広く公開されています(http://cse.ffpri.affrc.go.jp/hiroh/wildlife-monitoring/外部リンク)。

ヒグマ エゾシカ キタキツネ

ヒグマ               エゾシカ              キタキツネ

おわりに

以上、日常業務の一端をご紹介しましたが、現場森林事務所の業務は多岐にわたっています。

先輩たちが育ててきたこの森林を後世に引き継ぎ、森林の公益的機能を国民のみなさん一人ひとりが最大限享受できるよう、これからもより良い森林づくりに励んで行きたいと思います。

 

日高南部森林管理署
奥静内森林事務所
住所:北海道日高郡新ひだか町静内御園263
電話:0146-46-2002

 

 

 

 森林官とは? 

「森林官」とは林野庁の森林管理署の出先機関である森林事務所の責任者です。

それぞれの管轄する国有林において、森林づくりを進めるための各種調査、植林・伐採・林道等の管理事業等に係る監督や検査、森林パトロール、境界の管理、動植物の調査、森林教室のインストラクター、特別司法警察員としての「森林警察」業務など多岐にわたっています。 

 

2014年の記事

奥静内森林事務所(新ひだか町)

2013年の記事

大滝森林事務所(伊達市)

士別森林事務所(士別市)
上の国森林事務所(上ノ国町)
螺湾森林事務所(足寄町)
阿寒湖畔森林事務所(釧路市)日高森林事務所(日高町)
二ペソツ森林事務所(新得町)
層雲峡森林事務所(上川町)
紋別森林事務所(紋別市)
幌加内森林事務所(幌加内町)上富良野森林事務所(上富良野町)
駒ヶ岳森林事務所(森町)

2012年の記事

広尾森林事務所(広尾町)
滝森林事務所(遠軽町)
初山別森林事務所(初山別村)
野幌森林事務所(江別市)
東藻琴森林事務所(大空町)
増毛森林事務所(増毛町)
幾春別森林事務所(三笠市)
落石森林事務所(根室市)
常呂森林事務所(北見市)
中頓別森林事務所(中頓別町)苫小牧森林事務所(苫小牧市)

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271