ホーム > 森もり!スクエア > こんにちは森林官です!(常呂森林事務所)


ここから本文です。

 

こんにちは森林官です!

広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します

こんにちは森林官です!(常呂森林事務所)

網走中部森林管理署 常呂森林事務所 森林官 髙正一吉

ホタテとカーリングの町 

常呂森林事務所は、北見市から北(オホーツク海方面)へ約25kmに位置する北見市常呂町字日吉にあり、

管轄面積は、オホーツク海、サロマ湖に接する約5,400ヘクタールです。

地域の特徴は、網走国定公園の区域内にあり北海道遺産のひとつでもある「ワッカ原生花園」、北海道最大の湖(日本第3位)サロマ湖とオホーツク海に面した約20kmの砂州は、龍宮街道と呼ばれ、「サロマ湖100kmウルトラマラソン」のコースにもなっており、春から秋にかけて約300種類の花が咲きます。

また、長野オリンピックで魅力が知れ渡り、トリノオリンピックで一躍人気が沸騰したカーリングも有名で、日本で最初に屋内専用カーリングホールが、昭和63年に北見市常呂町に建設されています。

6月中旬が見頃のセンダイハギ 

6月中旬が見頃のセンダイハギ (ワッカ原生花園)

農耕地を守る防風保安林

当森林事務所部内は、オホーツク海、サロマ湖に面しているため、漁業が盛んな町が点在しておりますが、一歩内陸部に入ると農耕地が広がっており、それらを保護するための防風保安林が縦横に広がっております。

現在、現場では、これらの境界巡検を行っており、時折出会う農地所有者に保安林の機能や目的を説明しながら、業務を行っているところです。

また、地林況調査を行い部内の森林などの状況把握に努めております。特に漁協との連携を深めるため、取水施設との位置関係等に配慮し、本署関係課と情報を共有しております。

保全対象の農地の風害防止

保全対象の農地の風害防止

 

これからも、地域とのつながりを大切に頑張っていきたいと思います。

(2012年7月掲載) 

網走中部森林管理署
常呂森林事務所
住所:北見市常呂町字日吉217-2
電話:0152-57-2105

常呂森林事務所のメンバー    

常呂森林事務所のメンバー

髙正森林官(向かって右側)

 

 森林官とは? 

「森林官」とは林野庁の森林管理署の出先機関である森林事務所の責任者です。

それぞれの管轄する国有林において、森林づくりを進めるための各種調査、植林・伐採・林道等の管理事業等に係る監督や検査、森林パトロール、境界の管理、動植物の調査、森林教室のインストラクター、特別司法警察員としての「森林警察」業務など多岐にわたっています。 

 

2012年の記事

中頓別森林事務所(中頓別町)

苫小牧森林事務所(苫小牧市)

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271