このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です! (風連森林事務所)

    上川北部森林管理署 風連森林事務所  森林官  山岡  史忠

    管内概要

    私の勤務する風連森林事務所は上川管内の名寄市に所在し約8,600ヘクタールの国有林を管理しています。

    名寄市は平成18年に名寄市と南側に位置していた風連町が合併した人口約27,000人の市であり、農業を基幹産業とし日本一の作付面積を誇るもち米やアスパラガスなどがあります。

    見晴山
    見晴山

    また、観光でも市立天文台や日本一の雪質を誇るピヤシリスキー場、登山・ロッククライミングが楽しめるピヤシリ山や見晴山、比翼(ひよく)の滝やナイオロップの滝等を巡るツアーなど観光にも力を入れています。
    この内の数カ所は国有林内に位置しています。

     

    森林事務所の仕事

    風連森林事務所では、春から秋にかけては主に林野及び林道の巡視や各種事業の監督業務、国有地と民有地の境界巡検を行い、冬期間は冬期にしか実施出来ない箇所での事業の監督や積雪により林内での移動が容易となることからスノーモビルやスキーを使用し地況、林況等調査を行っています。

    森林事務所で実施する業務の中でも今回は地況、林況等調査について紹介したいと思います。この調査は、地況(位置、面積、地勢(方位・傾斜・標高)等)と林況(林種、樹種、材積、下層植生や貴重な野生生物の生息や生育状況等)の調査のことで、実際に現地では、林内の地形の確認や樹種・樹高・胸高部の直径を調査し対象となる区画(林小班)の現在の蓄積を把握し、この調査を基に伐採や植栽等の計画を樹立することになります。

    森林調査の様子
    森林調査の様子

    私としては、森林官の業務の中でもこの地況、林況等調査は、森林をどのように手を加え育てていくかを考える上でとても大切な作業であり、場所によっては道路からも遠く作業条件も厳しい箇所もありますが重要な仕事であると考えています。


    最後に

    国有林に限らないことですが、山には山菜やキノコ等の採取、登山や釣り等のレジャーなどでベテランの方からあまり山に入った経験の無い方まで様々な方が入林されていると思います。
    経験の有無に関係無く万全の準備を整え怪我や事故無く無事に下山し、楽しい思い出にしていただければと思います。

    ナイオロップの滝
    ナイオロップの滝

     

    上川北部森林管理署
    風連森林事務所
    住所:北海道紋名寄市風連町字日進924-1
    電話:01655-2-6114

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader