このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です! (穂別森林事務所)

    胆振東部森林管理署  穂別森林事務所  森林官  馬場  崇

    森林事務所の所在と管轄区域

    むかわ町は平成18年に穂別町と鵡川町が合併し、「むかわ町」が誕生しました。むかわ町穂別には、穂別森林事務所と稲里森林事務所の合同事務所が所在します。

    私が担当する穂別森林事務所は、むかわ町(旧鵡川町)にある鵡川防風保安林約65ha、むかわ町穂別に所在する国有林約1万haを管轄しています。

    私が住む、むかわ町穂別

    むかわ町穂別は四季が明瞭で、夏は暖かく冬はとても寒い!昼夜の気温差も大きいですが、この気候を活かして、美味しい野菜、米などの産地として有名です。また林業も盛んで、林業機械や丸太を運搬するトラックが行き交っています。 

    そして、穂別と言えば「むかわ竜(通称)」です。日本最大の恐竜全身骨格化石の発見で全国的に注目を浴びています。そんな太古のロマンを感じるこの町で生活し、仕事ができることを嬉しく思います。

    むかわ竜
    むかわ竜完全版大公開2018にて撮影した「むかわ竜」

    実行中の事業を紹介

    伐採系森林整備事業(間伐)

    木の本数が過密となった人工林を、太陽光が木の根元や地面まで十分行き渡らせ健全に成長するよう間伐を行っています。間伐により伐採した木は各種林業機械を活用し、伐採、枝払い、玉切り、集材、土場で仕分けて製品(丸太)として販売します。未来の健全な森林づくりのための大切な事業です。

    高性能林業機械による玉切り、集積作業
    高性能林業機械による玉切り、集積作業

    鵡川防風保安林改良事業

    むかわ町には、田畑、道路、家屋を風害から守る防風林があります。この防風林は、昔、隣接者も加わって木を植え、長い年月の間、風害を防いできました。そんな防風林では現在、植栽した木の老齢木化が進み、樹木そのものが枯れて倒れてしまう、枝先が枯れて農地に飛散するなどが生じています。このため防風林の若返化を目指し健全に管理していく計画のもと、事業が歩み出しました。

    鵡川防風保安林
    鵡川防風保安林(写真右上枯れている木)

    森林官として

    穂別森林事務所に配属になって2年数ヶ月が経ちました。初めての森林官業務、初めての土地ということもありワクワクした気持ちと少しの不安をもって挑んだこの町での仕事、思い返せば色々なことがありました。着任した平成28年8月に発生した台風、平成30年9月に発生した胆振東部地震で自然の恐ろしさを現場で目の当たりにしました。しかし、呆然としててもそこには山、森林があるからには前に進む気持ちを持って仕事をしなくてはと言う気持ちで励んでいます。同僚と共に日々の出来事、感じたこと、そして、地元の方からも色々な教えを頂いたことすべてが勉強となり今も尚、貴重な時間を過ごしています。微力ではありますが、この町の国有林を通じて人、自然、産業等に少しでも貢献できればと思います。

    最後になりますが、国有林への入林、照会等がございましたら気兼ねなく森林事務所にお立ち寄り頂きたく思います。

    ミズナラの巨木
    森林調査中に巡り逢ったミズナラの巨木と記念撮影

     

    胆振東部森林管理署
    穂別森林事務所 
    住所:北海道勇払郡むかわ町穂別83
    電話:0145-45-2308

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader