このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です! (上磯森林事務所)

    檜山森林管理署 上磯森林事務所 首席森林官 入澤 義彦

    森林事務所の概要

    上磯森林事務所は、函館市のとなり、北海道で2番目の新幹線の駅「新函館北斗駅」がある北斗市に所在し、上磯担当区5,715ha、茂辺地担当区7,382ha、大野担当区5,574haの合計18,671haの国有林を管轄しています。

    新函館北斗駅
    新函館北斗駅

    事務所の特徴として、函館の観光地五稜郭公園の近隣に五稜郭風致保安林、恵山地区に恵山自然休養林、函館山の山麓と国有林が点在していることです。

    五稜郭風致保安林

    五稜郭風致保安林(※1)は保健保安林(※2)も兼種しています。函館市のほぼ真ん中に樹高20mをこえるヤチダモが植栽されています。平成28年8月31日の台風10号では、保安林内のヤチダモの枝が風で飛び、民家や乗用車に被害がでたり、平成28・29年には、アメリカシロヒトリの幼虫が大量発生し、近隣の民家や学校の壁が見えなくなるほど張り付きました。このようなこともあり、地域で話し合って、平成28年度からヤチダモの剪定を積極的に行い、強風等での被害の軽減に向けて対応しています。
    (※1)「風致保安林」
    名所や旧跡、趣のある景色などを保存する保安林
    (※2)「保健保安林」
    森林レクリエーション活動の場として、生活にゆとりを提供し、空気の浄化や騒音の緩和により生活環境を守る保安林
     
    五稜郭のヤチダモ剪定前(奥) 剪定後(手前)
    五稜郭のヤチダモ剪定前(奥) 剪定後(手前)

    学校にかぶったヤチダモ(奥)と剪定後(手前)
    学校にかぶったヤチダモ(奥)と剪定後(手前)

    恵山自然休養林

    恵山自然休養林は、道南・渡島半島の南東部、亀田半島の先端に位置し、恵山及びこれに連なる海向山の麓に広がる国有林で、一帯は恵山道立自然公園にも指定されています。
     恵山(標高618m)は低標高ながら高山植物が豊富で多くの登山者が入林しています。また標高300mほどの地点の火口原「賽の河原」には数々の噴気口や火山噴出物が広がり、独特の景観を創り出していますが、入林の際は十分注意してください。

    恵山 権現堂コース
    恵山 権現堂コース

    おわりに

    道南の森林の特徴として、道内ではめずらしいブナが生育しています。これら広葉樹を含め森林の健全な成長に少しでも貢献できればと思います。
    現場業務は、国有林の巡視、森林の生長量調査、造林請負事業の監督・検査、林道巡視など多岐にわたります。また、函館市の近郊ということもあり、市民等からの相談や苦情も多い森林事務所ですが、反面都市近郊林の楽しみも多く、忙しいながらも楽しい毎日を送っています。

    恵山 遠景
    恵山 遠景


    檜山森林管理署
    上磯森林事務所 
    住所:北海道北斗市常磐2丁目7番7号
    電話:0138-73-0907

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader