このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です! (門別森林事務所)

    日高北部森林管理署  門別森林事務所  森林官  三ツ山 厚次

    森林事務所の管轄区域と所在

    門別森林事務所は日高町の太平洋が近くに見える厚賀に所在し、沙流川下流の旧門別町エリア約1万㏊を管轄しています。(2006年に日高町と門別町が合併し現在の日高町となっています。)

    海と馬と山の町

    門別地区はサラブレッドの育成・生産で有名であり、道路沿いには軽種馬の牧場が多く見られます。
    また、門別競馬場には、地元の味が楽しめる飲食店や子どもが楽しめるスペースなどもあり、競馬ファンに限らず楽しめる場所となっています。

    競馬のスタート
    門別競馬場のナイターレース(グランシャリオナイター)

    この町は太平洋に面しており、どちらかと言えば海のイメージがありますが、内陸部に少し入れば山々があり、豊富な栄養を蓄えた川の水が海を豊かにしている、そんな様子がうかがえます。
    気候は海風の強い日があるものの、夏は涼しく冬は降雪が少ない、年間を通して非常に過ごしやすい場所です。

    町を守る防風林

    門別地区市街地近くの国道沿いには、カシワの防風林があります。この防風林は国有林で、海岸からの強い風を緩和しています。台風が何度も上陸していますが、カシワの木は倒れること無く町を守ってくれています。
    森林官としての仕事は沢山ありますがいくつか紹介します。

    カシワの防風林(手前)と太平洋(奥)
    カシワの防風林と太平洋

    森林官の仕事

    (1)林道の管理

    管轄区域は里山が多く、地元住民の生活と密接な関わりがあり、散策での入林が多く、台風の後や降雨後の林道の状況には、細やかな管理が求められます。

    (2)境界の管理

    管轄区域の海岸線は、防風林が点在し、降雨後は地滑りが起こりやすく、沢水が出やすい箇所が多くあります。
    境界管理の仕事は、境界標の確認、スプレーなどを使った表示、見出しポールの確認を行い、問題が発生していないかを確認します。隣接地の多くは、牧場や畑で、土地所有者間のトラブルを防ぐためにも重要な仕事です。

     境界標
    国有林の境界標と隣接する畑

     (3)エゾシカの調査

    門別地区は、エゾシカが多い地域です。エゾシカの農林業への被害を減らすためには、現状をしっかりと把握する必要があります。食害状況などを調査し頭数管理のための情報を集めるのも森林官の仕事です。

    5匹ほどのエゾシカが一列になっている
    牧草地を走るエゾシカ

    山に入る際は十分な対策をお願いします

    山に入ると、ハチに襲われることや、クマに吠えられることもあります。時には道に迷ったり、足を滑らして滑落したりすることも起こりえます。
    携帯電話の電波が届かない場所も多く助けを呼べない可能性もあります。
    森林官は、GPS、熊撃退スプレー、鈴、防蜂網、防蜂手袋、蜂刺され用の自動注射器、衛星携帯電話などなど、仕事に応じた安全対策を行っています。山には多くの危険があることを山に入る方には知ってほしいと思います。
    国有林への入林、林道の通行状況、クマやハチの情報など安全に関することは、森林事務所でお伝えできますので、お気軽にお立ち寄り頂くかお電話でお問い合わせ下さい。


    日高北部森林管理署
    門別森林事務所 
    住所:北海道沙流郡日高町字厚賀町62-4
    電話:01456-5-6651

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader