このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です! (豊富森林事務所)

    宗谷森林管理署  豊富森林事務所  首席森林官  小林  正志

    宗谷森林管理署豊富森林事務所は平成28年4月1日より宗谷管内豊富担当区(豊富町)に加えて幌延担当区(幌延町)の国有林を管轄することとなり、合計約23,000ヘクタールを管理しています。
    豊富町は酪農の町ですが日本最北端の温泉郷である「豊富温泉」や利尻・礼文・サロベツ国立公園の一部でもある「稚咲内砂丘林」があります。

    稚咲内砂丘林(豊富町)
    稚咲内砂丘林(豊富町)

    幌延町も酪農の町で、高レベル放射性廃棄物処理の研究施設があり、国有林においても研究計画の化学分析に用いる砂泥・水・ガスの採取等が行われています。

    また、近年は両町においても風力発電が盛んになってきており、国有林内外を問わずに風力発電施設が建設・稼動されています。

    オトンルイ風力発電(幌延町)
    オトンルイ風力発電(幌延町)

    森林環境保全整備事業 

    人工林を管理していく上で重要な作業のひとつに、植林した樹木に光を与えるために間引いていく「間伐」があります。
    森林官は直接木を伐るわけではありませんが、事業を請負った会社等に対し、監督者として現場を見回ったり、必要な指示をしたりしています。
    伐採された木材は建築材や製紙原料・バイオマス発電に有効利用されていきます。

    間伐実施現場(豊富町)
    間伐実施現場(豊富町)

    サロベツ湿原の保全の取組

    管内には国立公園でもある「サロベツ湿原」があることから、環境省・開発局等と連携して自然再生などの普及活動を実施しています。

    自然再生の普及活動
    自然再生の普及活動

    稚咲内国有林エゾシカ誘引捕獲事業

    近年、管内でもエゾシカの個体数の増加により稚樹や樹皮を食べられる被害が増えていることから国有林内においてわなを仕掛けて捕獲しています。

    エゾシカ誘引捕獲事業(豊富町)
    エゾシカ誘引捕獲事業(豊富町)

    草本類等のエサが少なくなる冬期間に、フェンス内に餌を置いて十分に寄ってきたところで、ゲートを閉じて捕獲しています。

    国有林の窓口業務 

    森林事務所では入林者への入林対応業務なども行っています。
    今後も「国有林の窓口」としての役割を担い、地域に根ざした森林事務所を心がけていきます。


    宗谷森林管理署
    豊富森林事務所 
    住所:北海道天塩郡豊富町大通1丁目
    電話:0162-82-2844

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader