ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 森林と自然の保護 > 北海道森林管理局のエゾシカ対策 > 囲いワナによる生体捕獲とくくりワナによる捕獲の実施結果について


ここから本文です。

囲いワナによる生体捕獲とくくりワナによる捕獲の実施結果について

平成23年12月から平成24年3月にかけて行った囲いワナ(羅臼町及び釧路市阿寒町)とくくりワナ(足寄町及び陸別町)によるエゾシカ捕獲の実施結果等について、その概要をお知らせします。

1.囲いワナによる生体捕獲

(1)知床半島ではエゾシカの生息密度が高く、森林へ悪影響が及ぶことが懸念されていることから、個体数調整と有効活用を目的として、羅臼町国有林(知床世界自然遺産隣接地域)において、囲いワナによる生体捕獲を実施し、合計96頭を捕獲しました。

捕獲月  メス・仔 オス 計(頭数)

12月

 4

 2

6

1月

 46

15

61

2月

 22 

 7

29

 計

72

24

96

この事業に係る報告書はこちら

(2)エゾシカの生体捕獲技術の確立を図るため、阿寒湖畔国有林(阿寒国立公園内)において、囲いワナによる生体捕獲を実施し、合計8頭を捕獲しました。また、捕獲したエゾシカは、その有効活用を図るため、養鹿業者に引き渡しました。

  捕獲月日 メス・仔 オス 計(頭数)
第1回 3月  8日(金曜日)

 4

 0

4

第2回 3月10日(水曜日)

 3

 0

3

第3回 3月11日(月曜日)

 1 

 0

1

 

8

0

8

この事業に係る報告書はこちら(PDF:6,752KB)

2.くくりワナによる捕獲

有効なエゾシカの個体数調整に資する方法等の検討を目的として、北海道森林管理局としては初めて、くくりワナによる捕獲を実施し、合計17頭を捕獲しました。
今後の道内国有林における、くくりワナ利用のための資料とします。

  メス・仔 オス 計(頭数)
足寄町

 9

 1

10

陸別町

 6

 1

7

 計

15

2

17

この事業に係る報告書はこちら

お問い合わせ先

計画保全部保全課
ダイヤルイン:050-3160-6286
FAX:011-616-4021

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集