ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 檜山森林管理署 > 森林への招待 > 檜山古事の森 > 平成18年7月19日及び平成19年7月17日―保育事業


ここから本文です。

檜山森林管理署

平成18年7月19日及び平成19年7月17日―保育事業

保育事業(平成18年7月19日)

平成18年7月19日(水曜日)、江差町椴川国有林において檜山古事の森実行委員会主催(委員長:山田米蔵氏、事務局:江差町役場産業振興課)による保育事業を行い、江差町、檜山支庁林務課や森づくりセンターの職員、地域の指導林家の方や、当署からも流域管理調整官、上ノ国首席森林官、湯ノ岱森林官を始め8名が参加し、総勢25名が作業に汗を流しました。
この事業は、昨年植樹されたヒノキアスナロの苗木が健やかに成長し、次の世代へと確実に継承していくよう下刈りと補植を行ったものです。

【作業の様子】

【山田実行委員長の挨拶】

【苗木も順調に生育しています】

保育事業(平成19年7月17日)

平成19年7月17日(火曜日)、昨年同様、檜山古事の森実行委員会による保育事業を行い、江差町、檜山支庁林務課や森づくりセンターの職員、地域の指導林家の方や、当署からも流域管理調整官、業務課長、上ノ国首席森林官、湯ノ岱森林官など8名が参加し、総勢25名で下刈りなどの作業に作業に汗を流しました。

【作業の様子】

【作業の様子】

森林管理局の案内

リンク集