ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 檜山森林管理署 > 森林への招待 > ふれあいの森 > ふれあいの森制度


ここから本文です。

檜山森林管理署

ふれあいの森制度

「ふれあいの森」とは

「森林づくりに参加したい」「森林とふれあいたい」「森林の豊かさを理解したい」という方々の声に応え、国有林をフィールドとして提供するものです。ボランティア団体等の皆さんが中心となって、森林作業体験や様々なアイディアを活かして、森林づくり活動や親林活動(森林に親しむ活動)を楽しむ場です。

 

「ふれあいの森」では・・・

植栽・下草刈り・つる切り・除伐などのほか、これらの活動と一体となって行う森林とのふれあい活動(森林浴・自然観察会・森林教室など)を行うことができます。なお、活動に必要な経費は参加する皆さんに負担していただきます。また、ふれあいの森における植栽木等に関する権利は有しません。

「ふれあいの森」に参加できる人は・・・

公益団体や地方公共団体及びボランティア団体(自主的な森林づくり活動 を行うことを目的とするもので以下の要件を満たす団体)です。

  • 団体の目的、運営等に関する規約を有すること。
  • 団体の意思を決定し、森林づくり活動を行う体制があること。
  • 活動の目的が特定の者の利益に資するものとならないこと。

「ふれあいの森」の進め方へ

森林管理局の案内

リンク集