ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 檜山森林管理署 > 森林への招待 > レクリエーションの森 > 笹山風景林(江差町)


ここから本文です。

檜山森林管理署

笹山風景林(江差町)

笹山風景林

  1. 所在地:厚沢部町字当路(269~270、277~279林班) 江差町字檜岱(2013、2015林班) 上ノ国町字目名(2055~2057林班)
  2. 面積:134.60ha
  3. 設定年月日:昭和59年12月1日
  4. 風景林の概要

笹山風景林は年間2,000人程度の利用者があり、初級者から中級者まで楽しめる登山道を整備しており、手軽な登山コースとして高い人気を博しています。
風景林内には道南五大霊場の一つである笹山稲荷神社があり、また、元山山頂からは28基の大型風力発電が勇壮に回るのが見られ、日本海を眺める景色もすばらしいものがあります。
また、神社から八幡岳までのコースでは、ブナの天然林の中を小鳥のさえずりが耳を楽しませてくれます。

笹山稲荷神社

【笹山神社】

笹山入り口

【登山道入口】

笹山風景林1

笹山風景林保護管理協議会(事務局:江差町役場内)では、毎年5月と10月に一般参加者を募り登山会を開催しています。

  • 登山口~笹山往復コース(初級2.7Km)、
  • 登山口~笹山~元山コース(中級3.8Km)、
  • 元山~笹山~八幡岳コース(中級8.1Km)

の3コースの中から参加者がそれぞれ自分の脚力にあったコースを選択し、気持ちよい汗を流しています。

【残雪の春登山】

クリックすると地図が大きくなります
笹山風景林案内図

森林管理局の案内

リンク集