ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 檜山森林管理署 > 森林への招待 > レクリエーションの森 > 茂辺地自然体験の森(北斗市)


ここから本文です。

檜山森林管理署

茂辺地自然体験の森(北斗市)

茂辺地自然体験の森

この「茂辺地自然体験の森」は、古くから紅葉狩りや森林浴、森林体験活動の場として、子供たちや一般市民の方々に広く利用されてきました。
国有林では、自然環境に恵まれたこの地区を、子供からお年寄りまで多くの方々に四季を通じて森林に親しんでもらえるように整備しています。
森林の中には、バリアフリーの散策路やトイレ、駐車場を設置しており、ハイキングや自然観察などを楽しんでいただけます。
【アクセス】

  • 函館市の西方約35km、北斗市(旧上磯町)市ノ渡にあり茂辺地市街地から道道上磯厚沢部線を約10km入り車で約20分。湯ノ沢水辺公園を過ぎて約5分です。

茂辺地自然体験の森

3つのバリアフリーエリアと森林散策コース

見晴憩いの場

盤の沢

むき出しの岩の荒々しさは、「道南のグランドキャニオン」とも呼ばれる

木桟道

車イスの方でも間近で「盤の沢」の様子が一望できる木桟道

川遊び広場

土砂の流出の防止と渓岸の安定のために落差工や護岸工を施工しています。
ここでは、川遊び、水中の生き物の観察などを楽しめるほか、バリアフリーの歩道で川のせせらぎを聞きながらの散策ができます。
「見晴憩いの場」「川遊び広場」の2つのエリアには、障害者対応トイレを設置しています。

茂辺地トイレ

みんなの森

茂辺地バリアフリー散策路

一周約700mのバリアフリー散策路。路盤には木材を使用。

茂辺地花1

茂辺地花2

雪解けを待ちかねて咲く草花、四季折々の森の様子、小鳥や昆虫の観察など、森の中を散策しながら自然を満喫できます。

森林散策コース

茂辺地ドングリの森

ドングリの森コース
ブナ・ミズナラの林を抜けつづらおりに続く遊歩道

茂辺地蛙の沼

蛙の沼
遊歩道沿いに春先にだけ現れる、神秘的なエメラルドグリーンの沼

茂辺地スギ複層林

スギ複層林
樹齢約70年のスギの大木を見ることが出来ます
「茂辺地自然体験の森」施設案内

茂辺地自然体験の森・施設案内

森林管理局の案内

リンク集