ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 檜山森林管理署 > お知らせ > 新着情報 > イベント情報


ここから本文です。

檜山森林管理署

イベント情報

「江差北小グリーンスクール」を開催 

グリーンスクール開校式

 

 平成24年10月26日(金曜日)、江差町水堀の砂坂海岸林の遊々の森「なかよし海岸林」で、約120名を対象に砂坂海岸林の自然に触れ、動植物の生態や植生など季節を感じながら自然を観察する力を育むため、低学年、中学年、高学年のブロックに別れて森林教室を実施しました。

 低学年のブロックは7班のグループに分かれて、「フィールドビンゴ」を行いました。

フィールドビンゴの様子
【今度は何を探そうかな?】

フィールドビンゴの様子
 【あれじゃない~?】

 「フィールドビンゴ」は縦横のマスに書かれた「ちくちくするもの」「あかいはっぱ」「りす」「きいろいはな」「いいにおいのするもの」など25の項目を見つけて列をそろえるもので、ある班では「静かに!」と声をかけじっと「むしのこえ」を聴いたり、「今度は 「とりのはね」 を探すよ」などみんなで協力しながら、全部の項目を見つけようと駆け回っていました。

 中学年のブロックは木の輪切板、枝、トチの実、マツボックリ、ドングリ、端材などを使った木工作を行いました。

木工作品を見せ合う様子
  【木工作を見せ合っています】

 最初は材料を眺めながら何を作ろうか悩んでいましたが、まもなく材料を集めて工作に取りかかりました。

 材料の形がイメージと違うようで「この木を短く」とか「斜めに切って」など当署の職員は汗をかきながら大忙しで対応し、そのかいもあってか「カブトムシ」「鳥」「ヘビ」や「たくさんのかわいい動物?たち」など子どもたちは想像力豊かな作品を次々完成させていました。


 高学年のブロックは駒ヶ岳・大沼森林環境保全ふれあいセンターが講師となり「樹木博士認定会」を行いました。

樹木博士認定
【ドングリが落ちてる!】    

樹木博士認定
【トゲがあるよ】

最初、砂坂海岸林を代表する11種類の樹木について、春にきれいな花が咲くサクラやドングリの実がなるミズナラ、赤い実のなるナナカマドなど普段から目にする特徴や、幹にトゲのあるハリギリ、針のような葉のあるクロマツなど覚えやすい特徴を交えて学習したあと認定試験を行いました。

 試験では「トゲのある木だけど何だっけ?」など、木の名前がなかなか思い出せない人もいましたが、答え合わせでは11点満点が7割以上と好成績な結果となりました。

今年は10月下旬の開催となったため天気や気温が心配されましたが、快晴で風もなく暖かい日差しの中、紅葉した木々を観賞するなど自然に触れ親しみながら、ゆっくり観察できた一日となりました。


フィールドビンゴの様子
  【フィールドビンゴの様子】

木工作品木工作品木工作品木工作品
木工作品木工作品木工作品
木工作品木工作品木工作品
木工作品木工作品木工作品木工作品
【木工作品の数々】

樹木博士認定
【樹木博士認定会の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁桂に親しむ森林(もりもり)フェスティバル開催 

さわやかな秋晴れの9月23日(日曜日)、乙部町に所在する日本の巨樹・巨木に選定されている縁桂に触れるフェスティバルが開催された。

縁桂は樹齢500年、高さ40m、幹の周囲が最大で6.1mあるカツラの大木で、古来、縁結びの神が宿ると崇められてきた。

また、去る8月の日経新聞「何でもランキング」で、訪れてみたい神秘的な巨樹として、屋久島の縄文杉に次いで第2位に選定されるなど、全国的に評価されている。

参加者は地元のみならず函館市からもバスで訪れ、縁桂までの森林浴を楽しむとともに、森林公園内では地元農産物の格安販売やジャガイモを詰め込んでの重さクイズなど盛りだくさんのカリキュラムがあり盛会裡に終了した。

縁桂 

【縁桂】

 クイズを楽しむ子供たち

【クイズを楽しむ子供たち】

縁桂へ参加者 

【縁桂に向かう参加者】

豊かな海づくりのための植樹祭開催 

秋晴れに恵まれた9月22日(土曜日)、水産業が盛んな上ノ国町で豊かな海づくりのための植樹祭が、上ノ国中学校グラウンド横で開催された。

同植樹祭は、上ノ国町日本海グリーンベルト構想推進協議会が主催し、昨年度に引続いて行われ、地元中学校、緑の少年団、地元有志など約350人が参加した。

国際生態学センター長の宮脇 昭氏の植樹指導のあと、トチノキ、カシワ、ミズナラのポット苗2千5百本を植樹した。

植樹体験を通じて、森林・林業の大切さや環境保護の大切さを学んだ有意義な一日となった。

 

 

 

植樹の様子

【植樹の様子】

宮脇昭氏による植樹指導

【宮脇昭氏による植樹指導】

植えた苗木の周りに藁を敷く様子

【植えた苗木の周りに藁を敷く様子】

地域のみなさんと「五稜郭保安林」の清掃ボランティアを実施 

ゴミ拾いの様子  カモの卵を発見!  新しい巣箱を設置しました  なぜかヒバの幼樹が育っていました

【ゴミ拾いの様子】                                【カモの卵を発見!】                         【新しい巣箱を設置しました】            【ヒバの幼樹が育っていました】

7月23日(月曜日)、国有林退職者で組織する函館有鄰会が函館市柳町町会、本通町会のみなさんと「五稜郭保安林清掃ボランティア」を行いました。
今年で19回目になる事業で、町の中にある風致兼保健保安林の清掃を行うものです。

今年は47名の方が参加しました。
アカマツがメインの林とヤチダモがメインの林の2班にわかれ、手鎌での草刈りやイチイの剪定・巣箱の清掃・ゴミ拾いなどの作業をします。

少々蒸し暑い中、みなさん積極的に作業を進めていました。
毎年参加される方が多く「毎年行うと市民の意識が変わり、ゴミが減ってくるのが嬉しい」、「設置した巣箱を去年は小鳥が使っていた」など、楽しそうにお話をしていました。

また、今年は茂みの中になんとカモの卵が!!、イタドリで作った棒を立てて踏まないようにしたり、保安林内にある植物にも興味津々で、「この植物は何だろう?」と作業の合間に自然と触れ合っていました。

清掃作業も無事に終了し、今年も生まれ変わったように林がきれいになりました。きれいになった保安林内で昼食をとり、みなさん笑顔で「お疲れ様」と声を掛け合っていました。

年々参加者も増えているようで、市民のみなさんの意識の高さが伺えます。身近な自然だからこそ大切にしていきたいと思わせてくれるイベントでした。

 

「五稜郭保安林」の様子

【「五稜郭保安林」の様子】

 

江差学講座で砂坂海岸林の歴史探索 

~江差を育んだ森「砂坂海岸林」を見学~

 7月14日(土曜日)、夏の日差しが照りつける中、「江差の人が江差を知り、学び、ふるさと江差の魅力に感動し、郷土愛を受け継ぐ」を目的として、地元江差町民25名が砂坂海岸林を訪れた。

 一行は林内に設置している展示館に立ち寄り、明治時代の荒廃砂地から今日の防風林として復旧するまでの変遷を写真で辿りながら当時の苦難であった取組みに興味深く聞き入っていた。

 その後、隣接の展望台から三角防風柵の設置状況やクロマツ・広葉樹等の生育状況を見学してあらためて海岸林保全事業の重要性を認識して無事終了。

砂坂海岸林を見学する様子

【砂坂海岸林を見学する様子】

 

 砂坂にある展示館を見学

【砂坂にある展示館を見学】 

 

    展示館     三角防風柵

    【展示館】                                          【三角防風柵】  

 

「檜山古事の森」にてヒバ植樹地下刈を実施 

7月11日(水曜日)、江差町椴川国有林で平成24年度「檜山古事の森」保育事業の下刈を実施しました。

この行事は、ヒバの自生北限地に位置する江差国有林において、400年にわたる超長期的な森づくり活動の一環として行われているもので、毎年7月中旬に、地元有志をはじめ江差町役場、檜山振興局および檜山森林管理署の職員等が集まって下刈などの保育作業を実施しています。
平成15年に記念植樹が行われて以来、今年で活動10年目となります。

檜山古事の森実行委員会長 山田米蔵氏の挨拶および本日の作業内容と安全についての説明を受け作業を開始しました。
当日は好天に恵まれ、気温が上がる中を19名の参加者たちが汗を流しながら、ヒバの幼木が十分な光を受け育つようまわりの雑草を刈り払いました。

今年で活動10年目ということもあり、幼木の中には雑草の背丈から抜け出しているものが見られ、ヒバの成長を感じ取ることができました。
作業のあとは幼木の列がひと目で判るようになり、参加者各々が、木陰を吹き抜けるそよ風に涼みながら当日の作業成果を一望していました。

最後に全員で記念撮影を行い、来年度も実施することを確認して解散しました。

下刈の様子 

【下刈の様子】 

「笹山参道ヒバ育樹祭」を開催 

 7月1日(日曜日)、江差町の道南五大霊場の一つである笹山稲荷神社の参道及び笹山国有林歩道において、地元「北の桐を創る会」の主催で「笹山参道ヒバ育樹祭」が開催されました。

 これは笹山稲荷神社に至る参道を、ヒバ(ヒノキアスナロ)の並木にしようという構想により、平成13年から植栽されたヒバの保育作業を実施しているもので、「北の桐を創る会」のほか檜山振興局、江差町役場、檜山森林管理署など約30名が参加しました。

 曇天の中、参加者は手ぬぐいで汗を拭きながら、植栽木周辺の雑草を丁寧に刈り払っていました。その後、昼食をとりながらの懇談となり、自分が植えたヒバが大きく育っている話や山林所有者の実情など、親睦を十分深めて育樹祭を終了しました。 

 開会式の様子

【開会式の様子】

 下刈の様子

【下刈の様子】

「水と緑に親しむ親子のつどい」を開催 

 平成24年6月30日(土曜日)、今年で14回目となる『水と緑に親しむ親子のつどい』を上ノ国町にある上ノ国ダムで開催しました。

 これは上ノ国町教育委員会、江差町教育委員会、函館建設管理部と檜山森林管理署の共催、(社)北海道土木協会の協力により行われ、家族とのふれあいの場をつくるとともに、森・水・緑に親しむことなどを目的としており、上ノ国町、江差町から参加した親子と職員やボランティアのスタッフを含め約110名が参加しました。

 函館建設管理部職員から「ダムのお話」に続いてダム見学に出発しました。高いダムの上を景色を眺めながら歩いたあとダムの内部へ進入、予想以上にひんやりした通路や急な階段を上り下りしながらダムの中を探検しました。

 当署の「森に住む動物たち」の話では、動物の写真を見せ、「これはどの動物の糞かわかるかなあ?」の質問に「きったねえ」と言いながらも「クマ!」「ウサギ!」「キツネ!」など言い当てていました。

 エゾシカの説明用に準備していた頭骨の標本を見せたときには、参加した子供たちは興味津々、近くに集まってきたので、「壊れやすいところもあるので気をつけて触ってね」の声も届かず、あちこち触り始めて最悪の事態も想像しましたが、標本は無事でした。

 また、昨年好評だった種の模型では種についての話をしながら、種の模型のロケットラワンを作成、あいにく風が強いため、ダムを管理する建物の中を借りて、割り箸と輪ゴムで作ったパチンコで飛ばしてみました。「天井当たった」「クルクル回ってる」など楽しそうでした。

 上ノ国町出身のインストラクターで国有林モニターでもある澤谷さんも話をされ、「ビニールなどのゴミが生態系に与える影響」などについて、子供たちに質問し答えさせながら、身振り手振りでわかりやすく説明していました。

 そのあと参加者はダムの下流に移動し、イワナやヤマメの釣りを体験しました。いっぱい釣った人や大きな魚を釣った人もいて、「これ大きい!カメラマン、カメラマン」と釣果を記念撮影するため、あちらこちらでカメラマンを呼ぶ声が飛び交っていました。

ヒバの天然林などに囲まれた上ノ国ダムや川辺で、きれいな空気を吸い、緑豊かな景色を眺め、渓流で魚釣りを楽しんだ参加者は、親子のふれあい、自然とのふれあいを満喫していました。

種の模型を作成

 【種の模型を作成】

 

上ノ国町在住のインストラクターのお話

【上ノ国町在住の
インストラク ターのお話】

釣れた!

 【釣れた!】

参加者みんなで記念撮影

【参加者みんなで記念撮影】

 

上ノ国ダムを見学

 【上ノ国ダムを見学】

 

エゾシカの頭骨の標本に興味津々 

 【エゾシカの頭骨の標本に興味津々】

 

釣り体験の様子

 【釣り体験の様子】

乙部町縁桂森林公園における春の森林浴と植物観察会のつどい 

~森林浴愛好家が縁桂の遊歩道を散策~

ウッドチップを敷詰めた遊歩道と木橋  あ  ニリンソウとトリカブトの見分け方   

     【ウッドチップを敷詰めた遊歩道と木橋】            【数箇所に設置された熊除けの鐘】                   【ニリンソウとトリカブトの見分け方】

 あ

【縁結びの神が宿ると伝えられている縁桂】

平成24年5月27日、乙部町公民館主催で縁桂を保全する会・乙部魚つきの森づくり実行委員会共催による春の森林浴と植物観察会が開催されました。

 当日は好天に恵まれて、地元を中心として多くの森林浴愛好家が集まり、縁桂まで約1キロメートルの整備された遊歩道を軽やかに散策しました。

  途中、林内にはブナ、ミズナラなどの大木とともに、オオウバユリやウド、ミツバなども生え揃い、終始笑い声が小鳥のように響き渡り、すがすがしい一日を満喫しました。

 

神籬(ひもろぎ)とは、神社や神棚以外の場所において祭を行う場合、神を迎えるためのご神体や神域。

あ

 【神籬(ひもろぎ)の水】

 

檜山の森づくり植樹祭inせたな 

~植樹とサクラマス幼魚の放流~

平成24年5月19日(土曜日)、檜山管内の自然豊かな森・川・海を次世代に引き継ぐことを目的として、檜山の森づくり実行委員会主催により、植樹がせたな町北桧山区新成で放流会が同地区良瑠石川で開催されました。
当日の植栽箇所はかなり急な傾斜地も含まれ、檜山振興局管内の各町から参加した約300名のみなさんは気持ち良い汗と景色を楽しみながらシナノキ、トチノキ、ヒバなど約1,000本の苗木を植樹しました。

更に場所を良瑠石川へ移して、地元漁協の協力によるサクラマスの幼魚の放流を行い無事「第15回檜山の森づくり植樹祭inせたな」を終了しました。

 サクラマスの放流会

【サクラマスの放流会】

 海を望みながらの植樹

【海を望みながらの植樹】  

     

 

 

第50回江差追分全国大会記念植樹祭 

 ~ あれが蝦夷地の山かいな♪ ~

平成24年5月13日(日曜日)に、9月に江差町で開かれる第50回江差追分全国大会を記念した植樹祭が、江差追分全国大会実行委員会、江差町緑化推進委員会主催により江差町民の森で開催されました。

当日は好天に恵まれ、参加した江差追分関係者やひやま漁協女性部ほか町民約300名は、江差追分で「あれが蝦夷地の山かいな」と謳われた当時のヒバ山の復活を願いながら、用意されたヒバの苗木500本をていねいに植えていました。

植樹のあと江差追分関係者を中心に江差追分を大合唱、最後に満開のサクラをバックに参加者全員の記念撮影を行い終了しました。

サクラをバックに記念写真

 【サクラをバックに記念写真】

 ヒバを植樹する参加者

【ヒバを植樹する参加者】  

     

 

 

 「殿様街道」探訪ウォークin春 

 ~ 自然を楽しみながら歴史を辿る ~

「殿様街道」の歴史勉強会   「砲台跡」で説明   「松前線跡」の鉄橋を渡る様子

     【「殿様街道」の歴史勉強会】                                 【「砲台跡」での説明】                                              【「松前線跡」の鉄橋を渡る様子】

平成24年5月3日(憲法記念日)、福島町千軒地域活性化実行委員会主催の「殿様街道」探訪ウォークin春が開催されました。

これは、2人の横綱「千代の山」「千代の富士」の出身地などで有名な福島町にある通称「殿様街道」(松前藩の殿様が通ったことから)で行われ、ブナ林など、すばらしい自然を楽しみながら歴史を辿るイベントとなっています。

最初に「殿様街道」を通った伊能忠敬など有名な人物や蠣崎波響(かきざきはきょう)が松前藩に協力したアイヌの酋長を描いた「夷酋列像(いしゅうれつぞう)」など少し歴史を勉強したあと出発しました。

箱館戦争時の砲台跡、茶屋跡などで、歴史についての話や新たな発見や確認できたことなど具体的な説明があり、参加者は興味深く聞き入っていました。

また、旧国鉄の松前線跡を見学、高い鉄橋を渡り、美しいブナ林にある大木やカタクリ、シラネアオイ、木々の芽吹きなど自然を満喫しながら、最後の登りである「街道」の難所を登りきり、茶屋 峠へ到着しました。

茶屋峠では、茶屋が営業?(探訪ウォーク開催時のみ)しており、参加者には饅頭とお茶が振舞われ疲れを癒していました。

しばし休憩の後、残雪の残る歩道をくだり、全員無事下山。最後に地元の「十割そば」でお腹を満たし、伝統の「松前神楽」を鑑賞して、「殿様街道」探訪ウォークin春を終了しました。

 

  街道の難所といわれる登り   茶屋峠。饅頭とお茶で一服

   【街道の難所といわれる登り】                                 【茶屋峠。饅頭とお茶で一服】

 ブナの大径木
  【ブナの大径木】

カタクリの花

  【カタクリの花】

森林管理局の案内

リンク集