このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     韓国山林庁現地視察について(平成27年9月17日)

    平成27年9月17日(木曜日)に、韓国山林庁の方々10名(他に通訳1名)が森林技術・支援センターの試験地を視察されました。

     

    試験地は士別市の国有林にあり、平成24年度から3年間実施した技術開発課題(「カラマツ造林の低コスト化をめざして」~カラマツの天然更新を利用した造林技術の開発~)箇所です。

    当該地ではカラマツ人工林の帯状伐採跡地において、カラマツの天然更新を行うことを目的として地表処理を実施し、天然更新による低コスト造林施業の可能性を検討しています。

     

    現地での視察においては、植込みとの経費の比較や今後の更新木の保育方法などについて、予定時間を超えて活発な質疑応答があり、韓国の方の熱心さに感心させられました。

     

    概要の説明を聞き入る韓国山林庁の方々
     概要の説明を聞き入る韓国山林庁の方々

    質疑応答の様子
    質疑応答の様子

    森林技術・支援センターでは、今後においてもこのような現地視察を積極的に受け入れ、技術交流の取組みに努めていきたいと考えております。

     

    韓国山林庁の方々と記念撮影
    韓国山林庁の方々と記念撮影

     topへ戻る

    お問合せ先

    森林技術・支援センター

    〒095-0015
    北海道士別市東5条6丁目
    TEL 0165-23-2161
    TEL 050-3160-5755(IP)
    FAX 0165-23-2164

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader