このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    社会貢献感謝状贈呈基準について

    森林・林業社会貢献に進んで携わる者に対する感謝状の贈呈基準について

    目的

    中部森林管理局管内において、災害時における防災ボランティア活動、国土緑化推進等を通じた森林づくり活動並びに地域の奉仕活動等における地域連携・社会貢献活動等に進んで携わる企業、団体等に対し、感謝状を贈呈することにより、感謝の意を表し、これらの活動を奨励することを通じて、国民の森林づくりを推進するとともに、地域振興に寄与するものとする。 

    対象部門

    本基準における森林・林業社会貢献活動とは、次の1~3の3つの部門をいう。

     

    1.  防災協力活動部門
      局管内の国有林防災ボランティアに関する協定に基づく協力の外、国有林防災活動に自主的に取り組み、その功績が顕著である企業、団体等(以下「企業等」という。)を対象とする。
    2. 森林づくり活動部門
      局管内の国有林野の森林整備、緑化活動等(分収林を除く)に自主的に取り組み、その功績が顕著である企業等を対象とする。
    3. 地域連携活動部門
      1.及び2.以外で、局管内の国有林野事業公共工事(森林土木等)の円滑な実施のため地域における奉仕活動等に自主的に取り組み、その功績が顕著である企業等を対象とする。 

    贈呈基準

    1. 森林管理局長感謝状
      森林管理局長は、感謝状贈呈の目的に鑑み、森林・林業に関する社会貢献活動に進んで携わる企業等のうち、特に顕著な功績のあった企業等に対し、感謝状を贈呈する。
    2. 森林管理署長等感謝状
      森林管理署長等は、感謝状贈呈の目的に鑑み、森林・林業に関する社会貢献活動に進んで携わる企業等のうち、顕著な功績のあった企業等に対し、感謝状を贈呈する。 

    感謝状贈呈の処理手順

    1. 森林管理署長等は、毎年12月末までに当該年における管轄区域内の森林・林業社会貢献活動について、企業等から次の事項を記載した対象部門ごとの調査票提出の協力を得て調査を実施する。

      (1)対象部門、名称及び主たる事務所の所在地、代表者の職名、氏名
      (2)対象部門ごとの活動概要、活動期間、使用機械、使用資材、活動内容
      (3)資料となる写真、新聞記事、その他資料
      (4)調査票記載の留意事項(PDF:67KB)

      なお、調査票様式(記載例含む)(PDF:73KB)は、中部森林管理局のホームページに掲載するとともに各森林管理署等に備え付ける。
    2. 森林管理署長等は、毎年1月中旬までに企業等から提出された調査票様式(記載例含む)(PDF:73KB)に意見を付して森林管理局長に上申する。
      なお、同一の活動において企業と団体の重複しての報告は行わないこととする。
    3. 森林管理局長は、毎年1月末までに森林管理署長等から上申のあった森林・林業社会貢献活動について、「表彰審査委員会運営要領」(平成2年5月11日付け2長人第118号)別表に基づく部会の審査を経て、対象部門ごとに審査員の過半から特に顕著な功績があったと認められる企業等を森林管理局長感謝状贈呈者、顕著な功績があったと認められる企業等を森林管理署長等感謝状贈呈者として決定する。
    4. 森林管理局長及び森林管理署長等は、3. により決定された感謝状贈呈者に対し、各々感謝状を贈呈する。

    お問合せ先

    総務企画部総務課

    ダイヤルイン:050-3160-6509
    FAX:026-236-2526

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader