ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 富山森林管理署 > 管内の見どころ > 保護林 > 立山スギ巨木林 > 巨木の愛称


ここから本文です。

富山森林管理署

巨木の愛称

愛称が決まったタテヤマスギ巨木

写真をクリックして、拡大写真をご覧ください

美女平からブナ平にかけて自生する立山スギ巨木が多くの人に親しまれ、いつまでも大切に保護することを目的として、代表的な巨木の愛称を募集し、名付けしました。
なお、NO987はご自身で名付けてください。

①出迎えスギ

幹周 4.84m

出迎えスギ

美女平駅前の園地にあって訪れる人を優しく迎えてくれます。

②子育てスギ

幹周 9.55m

根元で2本に分かれ、間に生えた広葉樹(タカノツメ)を育てています。

③おんばスギ

幹周 6.91m

老いてなお強烈な存在感を示す、おんば様のような木です。

④不老樹

幹周 10.50m

風雪にめげず、 なお若々しく共に競い合い生長しています。

⑤火炎スギ

幹周 7.00m

火炎のごとく!中に入れば不動明王になった気分に。

⑥天涯スギ

幹周 6.55m

根元は細いが天に向かって大きく育ち伸びる様は雄大です。

⑦アルペンスギ

幹周 6.65m

「立山スギ」はアルペンルートの象徴、その代表木。

⑧仙洞スギ

幹周 9.40m

年輪を重ねた気高さと威圧感に満ちた、神が宿るような巨木です。

⑨向雲スギ

幹周 6.00m

低層雲海に向う巨木の生命源。水(雨)を呼ぶかの巨木です。

⑩No987

幹周8.47m

道路沿いでは森の巨人に次ぐ太さ。3カ所に剥ぎ取り跡があります。

 

 

お問い合わせ先

富山森林管理署業務グループ
主任森林整備官(森林ふれあい)
TEL050-3160-6080

森林管理局の案内

リンク集