このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成30年度 堅果類の豊凶調査結果について(岐阜県)

    • 印刷
    平成30年9月14日
    林野庁 中部森林管理局

    中部森林管理局では、岐阜県内の国有林186箇所において、堅果類(ブナ・ナラ等)の豊凶調査を実施しました。

    1.平成30 年度 岐阜県内の堅果類豊凶調査結果について

    国有林が所在する5地域において、調査を実施しました。
    樹種及び地域によりばらつきが見られるものの、県内の平均としては、ブナは並作下、ミズナラ・コナラは不作、クリ・クヌギは並作、トチノキ・ホオノキは並作下となっています。

    2.地域別の豊凶調査の結果

    【岐阜地域】… ミズナラ・クリは並作、トチノキは豊作。

    【西濃地域】… ブナは着果が見られず凶作、ミズナラは並作、クリは並作下。

    【中濃地域】… ミズナラは並作上、クリは豊作、トチノキ・ホオノキは並作。

    【東濃地域】… ブナは並作下、ミズナラ・トチノキは着果がわずかで不作、クリは並作。

    【飛騨地域】… ブナは並作下、ミズナラ・コナラは着果がわずかで不作、クリ・クヌギは並作、トチノキ・ホオノキは並作下。

    3.ブナ林の結実調査について

    中部森林管理局では、平成17年度から管内国有林の主要地点(100 箇所以上)においてブナの結実調査を行っています。
    今回は、着果状況についてお知らせしましたが、シイナ(種子を割って中身がないもの「シイナ」といいます。)などの種子の状況については、引き続き調査中です。種子の調査結果報告は後日、ホームページでお知らせします。

    【参考】「岐阜県の『 堅果(ドングリ)類の豊凶予測調査結果について 」


    「岐阜県に生息するクマ(ツキノワグマ)について」

    http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/kuma-map.html

    岐阜県における調査結果については、後日公表される予定です。

    お問合せ先

    林野庁 中部森林管理局 技術普及課
      担当者:技術開発主任官

      電 話:050-3160-6548  FAX:026-236-2611

    岐阜県 環境政策部 環境企画課
      生物多様性係

      電 話:058-272-8231(直通)  FAX:058-278-2610

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader