ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「林業遺産」に木曾森林鉄道と旧木曾山林学校の資料・演習林が選定されました


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月11日

中部森林管理局
木曽青峰高等学校

「林業遺産」に木曾森林鉄道と旧木曾山林学校の資料・演習林が選定されました

   日本森林学会では100周年を契機とした事業として、日本各地の林業発展の歴史を記憶・記録していく試み、「林業遺産」の選定を始めました。

 2013年度選定の林業遺産として全国から10件が選ばれたうち、長野県木曽地域から「木曾森林鉄道」と「旧木曾山林学校にかかわる林業教育資料ならびに演習林」の2件が選定されました。 

2013年度林業遺産(No.4)木曾森林鉄道

【認定対象】:十王沢橋梁、鬼淵鉄橋、小田野橋梁、ボールドウィン蒸気機関車(以上、小川森林鉄道/長野県木曽郡上松町)、田島停車場跡地、大鹿渕橋(以上、王滝森林鉄道/王滝村)、第一阿寺川橋梁(阿寺森林鉄道/大桑村)

bsampleCsampleD

  ・ 木曾森林鉄道に関する「林業遺産」認定対象の概要についてはこちら(PDF:582KB)

2013年度林業遺産(No.2)旧木曾山林学校にかかわる林業教育資料ならびに演習林

【認定対象】:木曾山林資料館の林業教育資料、演習林

【所在】・木曾山林史料館:長野県木曽郡木曽町新開4236木曽青峰高等学校新開キャンパス内

     ・演習林:長野県木曽郡木曽町福島5820の1外9筆

0102 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

総務企画部企画調整課
担当者:天田(企画調整課長)・井上(情報管理係長)
代表:050-3160-6500(内線6506)
ダイヤルイン:026-236-2515
FAX:026-236-2657

木曽青峰高等学校 木曾山林資料館
担当者:山口
(担当者携帯電話)090-1546-6100

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集