このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    災害時の石油類燃料の供給等における相互協力に関する協定

    • 印刷
    平成29年11月1日
    林野庁 中部森林管理局


    中部森林管理局と長野県石油商業組合は、長野県内で地震や豪雨等の災害が発生した場合に、山地災害の被害把握や災害復旧事業を迅速に行うため、石油類燃料の優先的な供給に関する協定を締結します。

    1.概要

    東日本大震災時には、燃料類の需要急増や石油事業者自身の被災などにより、石油製品の調達に支障が生じました。
    こうした経験を踏まえ、災害時に迅速かつ円滑な燃料供給を必要とする車両を有したり、拠点となる施設を有する国の機関では、災害時の安定的な燃料供給の必要性について検討するよう要請されています。
    中部森林管理局においては、山地災害等に対する初動体制の構築や災害発生時の県・市町村等への協力支援、また拠点施設として災害時の燃料供給体制を確保する必要性が高いことから、長野県下で広域に供給体制を有する長野県石油商業組合と災害時の石油類燃料の供給に関する協定を締結し、山地災害の被害把握や災害復旧の実施、支援などを迅速に実施できるよう整備するものです。

    2.実施日時

    平成29年11月10日(金曜日)  14:00~14:30

    3.実施場所

    中部森林管理局(二階)  局長応接室

    (長野県長野市栗田715-5)

    4.出席者

    長野県石油商業組合   理事長   渡邉一正

    中部森林管理局長                  新島俊哉

    お問合せ先

    総務企画部経理課

      担当者  課長補佐 森 孝之
      電話  050-3160-6527

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader