このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    「木曽悠久の森」の管理委員会を開催します

    • 印刷
    令和元年8月29日
    林野庁中部森林管理局

    林野庁中部森林管理局では、天然ヒノキやサワラなどの温帯性針葉樹林の保存・復元に取り組むため、長野県上松町、王滝村、大桑村や岐阜県中津川市に「木曽悠久の森」を設定しています。
    この取組を進めるため、学識経験者による検討会「令和元年度第1回木曽悠久の森管理委員会」を次のとおり開催します。

    1.日時

    令和元年10月1日(火) 15時00分~17時00分

    2.場所

    長野県木曽郡上松町大字正島1-4 木曽森林管理署 多目的ホール

    3.検討内容

    温帯性針葉樹林の保存・復元に向けた検討など

    4.その他

    会議は、公開で行われますが、会議資料の一部を非公開とします。
    カメラ撮影は冒頭の座長あいさつまでとします。その他、傍聴の際の留意事項は別紙(PDF : 43KB)のとおりです。また、座席数の関係から傍聴をお断りする場合があります。


    管理委員会名簿(PDF : 65KB)

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    担当者:流域管理指導官 櫻井
    代表:050-3160-6500(内線2602)
    ダイヤルイン:050-3160-6537

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader