このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    木曽生物群集保護林復元部会を開催します

    • 印刷
    平成29年2月22日
    林野庁中部森林管理局

      林野庁中部森林管理局では、昨年4月に、人工林を天然林への誘導を通じて温帯性針葉樹林の復元を図るため、木曽地方の国有林に生物群集保護林を設定しました。
      その保護林内のヒノキやカラマツの人工林を天然ヒノキの中心とした温帯性針葉樹林へ復元させていくための方法等を検討するため、学識経験者等による「平成28年度第2回中部森林管理局保護林管理委員会木曽生物群集保護林復元部会」を開催します。
      なお、この会議は、「木曽悠久の森管理委員会植生管理専門部会」を兼ねています。

    1.日時

    平成29年3月1日(水曜日)13時30分~15時30分

    2.場所

    林野庁中部森林管理局大会議室(3F)
    (長野県長野市栗田715-5)

    3.内容

     木曽生物群集保護林における復元計画(案)の検討

    4.その他

    会議は公開で実施します。
    会議は、傍聴のみ(録音及び録画は不可。冒頭の座長あいさつまではカメラ撮影は可)としますので、あらかじめご了承願います。
    また、座席数の関係から傍聴をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。

    添付資料

    保護林復元部会名簿兼植生管理専門部会名簿(WORD : 96KB)

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    担当者:課長 栗山、流域管理指導官 村松
    ダイヤルイン:026-236-2613
    FAX番号:026-236-2578