このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    「バイオマス原料供給の本格的実施」について

    • 印刷
    平成30年8月30日
    林野庁 中部森林管理局


    地域の森林資源をこれまで以上に有効に活用できるよう、中部森林管理局では、林地残材(木材を伐採して山から搬出の際に発生する枝条及び端材(D材))を、幅広い業種の方々に手軽に購入していただける仕組みを実施します。

    1.概要

    中部森林管理局では、
    (ア)バイオマス発電、園芸、畜産向けのチップ用の枝条や端材
    (イ)ストーブ、ピザ釜、キャンプ場向けの薪用の枝条や端材

    などの原料となる林地残材(D材(別紙1(PDF : 404KB)))を、幅広い業種の方々に手軽に購入していただける仕組みを本年8月から本格的に始めます。
          
    D材の供給を拡大することにより、地域の森林資源をこれまで以上に有効に活用することが期待されます。
          
    この度、D材が集積すると見込まれる伐採箇所等について、その位置やD材の量を「D材情報シート(別紙2)(PDF : 65KB)」にとりまとめて、ホームページ上で公表し、買い受け希望者を募集することとしましたので奮ってご応募ください。
          
    詳細については別紙3(PDF : 264KB)を参照してください。

    2.公表の開始及び場所

    平成30年8月30日から中部森林管理局ホームページにて

    3.数量等

    別紙2を参照してください。   

    4.期待される効果

    これまで、主に発電用として利用されてきた、「木質バイオマス」について、幅広い業種の方々にもお知らせすることにより、購入機会の広がりが期待できます。本取り組みについては、資格や登録は不要であり、どなたでも購入可能です。

    【添付ファイル】

    お問合せ先

    林野庁中部森林管理局資源活用課
          担当者:木村・大坪
          電話:050-3160-6567

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader