このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    法人の森林

    「法人の森林」制度は、企業や団体などにおける社会貢献活動、環境貢献活動の一環として、森林整備に参加したいという要望を分収林制度(分収育林又は分収造林)により受け入れるものです。  


    分収育林

    国有林野内の育成途上の森林について、契約者が費用の一部を負担し、森林整備に参加する制度で一定の時期に分収します。

    分収造林
    国有林野内において、契約者自ら造林、保育を行う制度で一定の時期に分収します。

     

    あなたの会社の森林を育ててみませんか

    国土の保全や生活環境を守る森づくりという社会貢献

    国土の保全や生活環境を守る森づくりという社会貢献をしながら

    • 記念行事としての森林づくり
    • 森林浴など社員保養の場としての森林づくり
    • 顧客とのふれあいの場としての森林づくり

    等、森林管理局と分収林契約を締結することで、国有林を活用していただくことができます。

     

    地球温暖化防止や環境問題に取組んでいる企業姿勢をアピール

    地球温暖化防止や環境問題に取組んでいる企業姿勢をアピールできます。
    ご契約箇所の環境貢献度を計算、評価し、お知らせします。
    この評価結果は、環境レポートなどにご利用いただけます。 

    法人の森ではこんな事ができます

    • 会社の名称、森林造成の趣旨などを掲げた看板を設置できます。
    • 森林づくりや森林の利用の拠点として 「あずまや」 や休憩用のベンチの設置、遊歩道の作設などができます。
    • 植付、下刈、きのこの栽培など林業活動が体験できます。 

    写真:現地指導の様子

    森林管理局、署の職員による
    現地指導

    写真:歩道づくりの様子

    除伐木を利用して歩道づくり