ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 貴重な自然の保護 > 希少野生動植物の保護


ここから本文です。

希少野生動植物の保護

希少野生動植物種保護管理事業

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律により、国内希少野生動植物種は、レブンアツモリソウ、シマフクロウ、 ライチョウ、イヌワシ、アツモリソウなど全82種が指定され、緊急に保護増殖を図ることとされています。中部森林管理局管内では、ライチョウ、イヌワシ、アツモリソウ保護管理事業を実施しています。

ライチョウ

写真:ライチョウ中信森林管理署管内の白馬岳高山植物群落保護林、大天井岳植物群落保護林、槍ヶ岳・穂高特定地理等保護林、常念岳・蝶ヶ岳特定地理等保護林で約8,443haにおいて次のような業務を実施しています。

  • 高山植物の保護巡視及び登山者への啓蒙
    (パンフレット配布等)
  • 繁殖地への立ち入り禁止柵等の維持管理
  • 登山道以外への立ち入り禁止柵等の設置及び維持管理
  • 生息個体の確認等の記録
  • 高山植物再生復元事業

 

詳細情報はこちら

 

イヌワシ

写真:イヌワシ中部森林管理局管内保護林約100haにおいて次のような業務を実施しています。 

  • 巡視、観察
  • 入込み者への啓蒙
  • 生息個体の確認等の記録(写真記録含む)
  • 保護のための啓発活動

 

詳細情報はこちら

 

アツモリソウ(ホテイアツモリソウ)

写真:アツモリソウ中部森林管理局管内で121haにおいて、次のような業務を実施しています。

  • 巡視、生態観察
  • 増殖事業
  • 生育状況調査
  • 保護のための啓発活動

 

詳細情報はこちら

 

森林管理局の案内

リンク集