このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木づかい推進月間協賛シンポジウムを開催しました。

    ~木づかい推進月間協賛シンポジウム~
    めざすは「山元への還元」
    ~木材のカスケード利用に向け~

    固定買取制度(FIT)が20127月に施行され、太陽光発電などとともに木質バイオマス発電事業への参入も多く予定されています。原料となる木材をどのように供給できるのか、戦後造林された人工林が利用期を迎える中、木材利用の適材適所として「木材のカスケード利用」が課題となっています。

    山元への還元に向けて、なぜ?カスケード利用が必要なのか。そして、どのように取り組んで行けば良いのか、どのように取り組んでいるのかを一緒に考えてみませんか。

    お問合せ先

    中部森林管理局名古屋事務所

    ダイヤルイン:050-3160-6660
    FAX番号:052-683-9269

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader