このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木曽式伐木運材図会が林業遺産に登録されました

    「木曽式伐木運材図会」とは
    (きそしきばつぼくうんざいずえ)

    「木曽式伐木運材図会」は、江戸時代後期頃の木曽地方や飛騨地方で行われていた伐木・運材の技術についての絵巻物2巻(上巻10m×40cm、下巻13m×40cm)である。奥山で大木を伐採するところから、造材、搬出・集材、木曽川でのいかだによる流送、熱田白鳥木場(愛知県名古屋市)での集積、大型船による海上輸送までの様子が、作業工程順に絵図と詞書(ことばがき)で説明されている。
    本「図会」の作者、製作時期、製作目的、中部森林管理局に保管されている経緯等については、それらを明らかにする文献等が見つかっておらず明確ではない。しかし、岐阜県高山市で江戸時代後期に製作された絵図をオリジナルとし、林業・木材産業に関する博覧会への出展や皇族・政府高官などへの説明用として、明治時代に製作されたであろうと推測されている。類似の絵図や版画が複数存在するが、本「図会」は、これらの中で最も丁寧に描き込まれ、豪華につくられた最上級の美品である。

    1.上 巻


    2.下 巻

    認定証の記載内容

    対象名

    木曽式伐木運材図会

    認定対象

    木曽式伐木運材図会(絵巻物2巻)
    (上巻:長10m✕幅40cm、下巻:長13m✕幅40cm)

    分類・形式

    資料群

    成立年代

    明治時代

    所在地

    長野県長野市大字栗田

    所有・管理者

    中部森林管理局

    認定理由

    江戸時代後期頃の木曽地方や飛騨地方で行われていた伐木・運材の技術についての絵巻物