このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    第2回木曽悠久の森写真コンテストの撮影会を開催します

      天然のヒノキやサワラ等が生育する木曽地方(長野県内の木曽谷や岐阜県内の裏木曽)の森林、「温帯性針葉樹林」を守り育てていく取り組みとして、人工林の優良木材を得ながら、広がりをもって永続する天然林へ復元する作業を超長期にわたって計画的に進め、さらにこの森を多くの人たちに親しまれ、知っていただくため、6月1日から「第2回木曽悠久の森写真コンテスト」を開催しています。
     
    今回、写真コンテストの特別企画として、普段見ることのできない場所を探訪し、木曽ヒノキの立ち並ぶ森、すくすくと育つヒノキの子どもたち、古くから伝わる伐採技法のようすなどをご覧いただきながら森林・風景等を写真におさめ、写真コンテストに出品していただく撮影会を開催します。
     
    木曽悠久の森を体感する特別な機会となりますので、ご応募をお待ちしております。 

      1  木曽地区撮影会

     (1) 開催日時  平成29年10月8日(日曜日)10時30分~16時00分
     (2) 集合場所  赤沢自然休養林  赤沢交流センター前
     (3) 見学場所  赤沢ヒノキ天然更新試験地、千本立(せんぼんだち)天然林

      2  中津川地区撮影会

     (1) 開催日時  平成29年10月30日(月曜日)9時30分~15時00分
     (2) 集合場所  付知峡自然休養林  赤石橋手前駐車場
     (3) 見学場所  伊勢神宮式年遷宮御用材伐採斧入式の見学
                  
    斧入式終了後は周辺の森林を散策

      3   応募条件

      写真コンテストに出品していただくことを条件とします。

      4  募集定員

      各地区15名(先着順につき定員になり次第締め切り)

      5  参加費

      無料

      6  募集期限

      平成29103(火曜日) 17時まで  (木曽、中津川地区とも同一期限です。ご注意下さい。) 

      7  応募方法

     (1) 希望される地区(木曽、中津川)と、住所、氏名、年齢、連絡先を記入し、はがき、ファックス、またはメールでお申し込み下さい。
     (2) 中学生以下で応募される方は、保護者の方の同伴が必要となりますので、併せて申し込みして下さい。
     (3) 各地区とも希望される場合は、「両地区希望」を明記して下さい。
     (4) 電話での応募受付はいたしませんのでご注意下さい。
     (5) 別紙の参加申込書(WORD : 91KB)をご利用下さい。

      8  ご注意

     (1) 傷害保険等の手続きは行いません。(任意で手続きを行って下さい。)
     (2) 赤沢駐車場等、集合場所までにかかる費用は参加者のご負担となります。
     (3) 赤石橋付近駐車場はスペースが限られていますのでご注意下さい。
     (4) 木曽地区ではヘルメットを着用していただきます。(ヘルメットはこちらで用意します。)
     (5) 当日は各地区での関係行事に併せて開催します。行事に影響が生じないよう団体での行動となりますので、ご理解とご協力をお願いします。
     (6) 森林の中に入る服装(長袖シャツ、トレッキングシューズ等)と、雨具、昼食を持参して下さい。
     (7) 荒天が予想される場合は中止します。

      9  申込先

      林野庁 中部森林管理局 木曽森林ふれあい推進センター (担当:黒田)
      〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島1250-7
      電話:0264-22-2122  ファックス:0264-22-2122
      E-mailkiso-fureai@maff.go.jp

     

     

    お問合せ先

    林野庁 中部森林管理局 木曽森林ふれあい推進センター

    担当者:黒田
    ダイヤルイン:0264-22-2122
    FAX番号:0264-21-3151