このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    飯山地域のGSS情報(平成29年8月)

    飯山地域のGSS情報 

     

    8月の記事

    ◇過去の記事◇

    平成29年7月

    平成28年10月

    平成28年9月

    平成28年8月

    平成28年7月

    平成28年6月

    平成27年10月

    平成27年9月

    平成27年8月

     

    平成29年8月27日(日曜日)

    見た目はかわいいヒメベニテングタケ。


    ヤマウルシが色付き始めました。


    ツルリンドウは蔓性ですがあまり高くは巻き上がりません


    熱心にキノコの写真を撮っていました。


    ドクツルタケはその名のとおり毒キノコ。


    地表を這うように育つアケボノシュスラン。


    ちょこんとナガボノアカワレモコウ咲いています。


    天気も良く清々しい湿原に観光客が訪れて散策していました。


    サラシナショウマ小さな白い花をたくさん付けています。


    大きく傘を広げたタマゴダケ


    花の形を雁の飛ぶ姿に見立てたカリガネソウ。独特の香りがあります。

    平成29年8月26日(土曜日)

    この日は天気も良く心地よい風が吹いて水面がキラキラしていました。(茶屋池)


    沼の池では斑尾山を遠くに眺めながら、観光客がボートに乗って涼をとっていました。(沼の池)


    オオマリコケムシの群体を見つけました。群体の形と模様が手まりを思わせることから名前が付いたそうです。(沼の池)


    平成29年8月20日(日曜日)

    表面につぼの破片が付着するコガネテングダケ


    萼(ガク)が鐘型のジャコウソウ。花の色も淡くきれいです。


    タムラソウに蝶やミツバチが蜜を吸いに来ているようです。


    夏の湿原に漏斗型の花を咲かせるコバギボウシ


    ウメバチソウが可愛らしく咲いていました。


    葉が柳に似ているヤナギラン。細長い実が割れ綿毛を付けた種子が飛び散ります


    メタカラコウの群生


    ツルニンジンは、蔓や葉を傷つけると乳液が出ることから中国では羊乳との別名があります。

    平成29年8月19日(土曜日)

    カバイロツルタケは食べられるキノコです。(沼の池)


    マルバフユイチゴの葉には細い棘があります。触れないよう気をつけましょう。(沼の池)


    ヤマナメクジは大型のナメクジです。夜行性ですが木の幹にいました。(茶屋池)

    平成29年8月11日(金曜日)

    湿原の木道近くにクマのものと思われる痕跡と足跡がありました。




    週末の夕方にはオートキャンプ場は満杯。

    平成29年8月6日(日曜日)

    南ドブの新しい看板です。


    ミズギク名前のとおり湿原などに咲いています。


    ヤマオダマキも咲いていました。


    ジャコウソウが咲いています。


    オレンジ色が映えるコオニユリがたくさんの花を付けています。


    タマゴダケが生えていました。