このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    天生(あもう)湿原GSS活動日誌(平成29年11月)

    天生湿原GSS活動日誌 

     

    11月の記事

    ◇過去の記事◇

    平成29年10月

    平成29年9月

    平成29年8月

    平成29年7月

    平成29年6月

    平成28年10月

    平成28年9月

    平成28年8月

    平成28年7月

    平成28年6月

    平成27年8月

    平成27年7月

    平成27年6月 

     

     

    平成29年11月6日(月曜日)

    この時期、天生の森の木々は葉を落とし、生命活動は休止に入ったかのように思われますが、純粋に木の骨格だけに注目すると、
    かえって生命力の力強さを感じるものです。
    天生の森は、原生林なので巨木が多く、見所も随所にあります。
    この写真は、ブナの大木です。
    根元は、中心部が枯れて空洞になっていますが、長年の風雪に耐えてきた風格のようなものを感じます。

    こちらは、本日のカツラ門です。
    天生は泉鏡花の高野聖の舞台でもありますが、そこに出てくる幽玄の森のイメージにピッタリの風景ではありませんか?

    こちらは、木平湿原です。
    青い空、白い雲、立ち並ぶ大木、そして冬枯れの湿原…。
    夏の湿原を彩る植物たちの可憐さとは真逆の魅力を感じます。

    こちらは、ダケカンバの大木です。
    木平湿原付近にはダケカンバの大木が林立しており、天生の自然の厳しさを感じます。
    これまで『天生』の自然の豊かさを、四季折々に植物や動物を通じて紹介してきました。
    本日で、今年最後のブログとなりますが、まだまだ紹介しきれない魅力が多いのも確かです。
    是非、来年は皆さまご自身の五感で『天生』を感じに訪れてみてください。
    それでは、皆さんごきげんよう。さようなら。

    平成29年11月3日(金曜日)

    今日は、最高の登山日和でした。
    頂上からは、くっきりときれいな北アルプスが見えました。
    頂上を訪れた大勢のお客さまも、絶景に感動され、山の名前を確認したり写真を撮ったり…、それぞれに楽しんでみえました。
    その一部の山を北側から順番にご紹介します。

    まずは、富山県の名峰、峻険さで知られる『剣岳』と『立山連峰』です。


    こちらは、どっしりと構えて一際冠雪が目立つ『薬師岳』です。


    こちらは、アルピニストの憧れの的『槍ヶ岳』と、飛騨の名峰『笠ヶ岳』です。


    こちらは、難所の連続で知られ、多くのクライマーが挑戦する『穂高連峰』です。


    こちらは、登山初心者、高山植物愛好者、誰からも愛される『乗鞍岳』です。


    こちらは、『御岳』です。ご存じのように、現在も活発に活動している活火山です。

    平成29年11月2日(木曜日)

    オオウバユリの開花までの様子を、8月8日にご紹介しましたが、その後の変化を報告します。こちらが、10月上旬の様子です。
    実をつけた茎の成長も止まりました。背丈は、2mを優に超えています。
    7月上旬から3ヶ月かけてこの高さです。でもまだ実は未熟で緑のままです。
    我が子の成長を見守るように、側を通るたびにここまで記録してきました。

    秋も深まり、実も熟して茶色に変色しました。

    こちらが、本日11月2日の様子です。
    連続した台風の後、久々の晴れが続いて、実も乾燥し、ぎっしり詰まった種子も顔を出しました。

    茎を持って軽く揺すってみると、無数の種子が風に舞って紙吹雪のようです。

    散った種子を観察してみると、種子本体の周りに薄い皮膜が広がり、風に乗りやすい仕組みになっていますね。