このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    乗鞍から情報発信!GSSパトロール日誌 

     

     

     

    8月の記事

    ◇過去の記事◇

    平成28年7月

    平成28年6月

    平成27年6月

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      

     

    平成28年8月24日(水曜日) 

    エコーライン沿いに出没した一頭の熊です。車内から撮影しました。

    これから冬眠に備えて多量の餌を食べるので注意が必要です。

    乗鞍h280824-1

     

    上の写真と同じ熊です。ナナカマドの実がたくさんなっていますが、これも食べるようです。

    ナナカマドの実は、ジャムやマーマレードの材料にも使われています。

    乗鞍h280824-2 

     平成28年8月22日(月曜日)  

    イワギキョウ(岩桔梗)は紫色の花が多いですが、これは、珍しい白色です。北東アジアから

    北アメリカの亜高山帯から高山帯に分布します。日本では北海道から中部地方に分布しま

    す。

    乗鞍h280822-1

     

    雲が低く垂れてきましたが剣ヶ峰山頂から畳平の方向を撮影してみました。今日は曇りのち

    雨のせいか登山者も少なく、注意指導等もありませんでした。

    乗鞍h280822-2

    平成28年8月20日(土曜日) 

    鶴ヶ池周辺です。よく晴れていますが1時間後にはガスがかかり、午後は雨になりました。

    この日は、畳平周辺から剣ヶ峰までをパトロール。登山者も多く、注意指導等も多い一日

    でした。

    乗鞍h280820-1

     

    剣ヶ峰直下で足をねんざした登山者を発見。肩の小屋経由で畳平までスタッフが無事に

    搬送しました。

    乗鞍h280820-2

    平成28年8月17日(水曜日) 

    白い花はトウヤクリンドウ(当薬竜胆)です。北海道から中部以北の高山帯に分布します。

    トウヤクリンドウは胃薬になるそうです。

    乗鞍h280817-1

     

    露がついた高山植物の女王と呼ばれているコマクサ(駒草)です。よく撮れた一枚だと思い

    ます。見た目ではわからないですが有毒で、嘔吐や呼吸・心臓麻痺等の症状が現れるそ

    うです。

    乗鞍h280817-2

     

    乗鞍でよく見かけるコマクサはピンク色ですが、これは珍しい白花です。

    乗鞍h280817-3

     

    大黒岳で見かけた背を向けて立っているライチョウです。なかなかこういう姿のライチョウは

    撮影できません。近くには2羽のヒナもいました。

    乗鞍h280817-4

    平成28年8月16日(火曜日) 

    今日は、曇り時々晴れ。畳平から剣ヶ峰、お花畑、富士見岳、大黒岳をパトロールしました。

    大黒岳、富士見岳でライチョウを目撃しました。

     乗鞍h280816-1

     

    スタッフがグリーンロープと杭を整備しています。この作業の繰り返しにより、グリーロープは

    地面を這うことなく、立入り禁止区域をしっかりと表示することが出来ます。

    乗鞍h280816-2

     

    畳平付近のイワギキョウ(岩桔梗)です。まさに岩に咲くキキョウです。

    乗鞍h280816-3

    平成28年8月15日(月曜日) 

    雨の中スタッフが、グリーンロープと杭の整備をしています。この日はこのあと晴れてきま

    した。

    高山帯の天気は変わりやすいので注意が必要です。さらに、遭難防止のため、天候の変

    化に備えた装備も必要です。

    乗鞍h280815-1

     

    ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)です。北海道から中部地方の亜高山帯から高

    山帯に分布します。

    乗鞍h280815-2

     

    ヨツバシオガマ(四葉塩釜)です。北海道から中部地方の高山帯に分布します。シダのよ

    うな葉が4枚同じところから開きます。写真は三つ葉ですが、種類はヨツバシオガマです。

    乗鞍h280815-3

     

    風に揺れるチングルマ(珍車)です。花が終わり種を付けています。北海道から中部地方

    に分布しています。

    乗鞍h280815-4

    平成28年8月14日(日曜日) 

    畳平駐車場の朝9時頃です。お盆二日目ですが、まだまだこの時間は、バスも人もほとん

    ど見られません。この日は子連れ家族の登山者が多く、ライチョウやイワギキョウ、コマク

    サが大人気でした。

    乗鞍h280814-1

     

    剣ヶ峰から御嶽山を望んだ一枚です。標高はほぼ同じで、剣ヶ峰は3026m、御嶽山は306

    7mです。どちらも活火山で、乗鞍岳の最新噴火は、約2000年前です。

    乗鞍h280814-2

    平成28年8月13日(土曜日) 

    お盆初日で登山者が多い一日でした。注意指導等も多く、立入り禁止区域への侵入は、

    今シーズン最高の41人でした。写真の花は、トウヤクリンドウ(当薬竜胆)です。

    乗鞍h280813-1

     

    平成28年8月12日(金曜日) 

    コウメバチソウ(小梅鉢草)です。中部以北の高山帯に分布します。梅鉢は、家紋一つ

    で、菅原道真や前田利家の家紋も梅鉢だそうです。

    乗鞍h280812-1

     

    グリーンロープ外の立入り禁止区域にいるライチョウです。このように人間に対しては無

    警戒です。

    乗鞍h280812-2

     

    岩に立ちこちらに背を向けているライチョウです。高い位置から何かを警戒しているので

    しょうか。

    乗鞍h280812-3

     

    畳平駐車場のすぐ近くに位置するお花畑です。歩道が一周しているのがわかります。

    朝9時頃なので歩いている人はわずかのようです。

    乗鞍h280812-4

    平成28年8月8日(月曜日) 

    グリーンロープの杭を交換しているところです。車道周辺はパトロール車により資材を運

    搬して作業を行います。

    乗鞍h280808-1

     

    オトギリソウ(弟切草)です。花言葉は「怨み」。平安時代の恐ろしい伝説では、裏切り者

    の弟を兄が斬り殺し、その時飛び散った血が付いたまま今も咲いているとのことです。

    乗鞍h280808-2

    平成28年8月7日(日曜日) 

    畳平駐車場の朝、快晴。この日は一日中晴れだったので、登山者だけでなく自転車も

    多い一日でした。

    乗鞍h280807-1

     

    大黒岳周辺のコマクサです。アルプスの少女ハイジの一場面のようなうなナイスショッ

    トの一枚ですが、もう少し晴れてたら良かったと思います。

    乗鞍h280807-2