このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    林産物の販売

    林産物販売情報  

    中部森林管理局では、林産物(立木・素材)の販売を行っております。物件明細書、入札参加資格、入札条件、契約条項など詳細については、中部森林管理局及び森林管理署等へお問い合わせください。なお、入札日時、見込量等は変更することもありますのでご注意ください。

    木材販売情報はこちらをご覧ください。

    分収育林の販売情報はこちらをご覧ください。 

    枝条及び端材(D材)の販売情報はこちらをご覧ください。

    平成30年度国有林材(立木販売)の安定供給システム販売の協定者について

    平成30年度国有林材等(立木販売)の安定供給システム販売について企画競争により協定希望者を募集し審査したところ、別添のとおり協定者を決定しましたので公示します。

    公示(PDF : 192KB)

    平成29年度国有林材(立木販売)の安定供給システム販売の協定者について

    平成29年度国有林材(立木販売)の安定供給システム販売について企画競争により協定希望者を募集し審査したところ、別添のとおり協定者を決定しましたので公示します。

    公示(PDF : 59KB) 

    平成31年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売の協定者の公表について

    平成31年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売について、別添のとおり協定を締結しましたので公表します。

    公表(PDF : 133KB)

    平成31年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売の協定予定者について

    平成31年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売について企画競争により協定希望者を募集し審査したところ、別添のとおり協定予定者を決定しましたので公示します。

    公示(PDF : 61KB)

    平成30年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売の協定予定者について

    平成30年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売について企画競争により協定希望者を募集し審査したところ、別添のとおり協定予定者を決定しましたので公示します。

    公示(PDF : 165KB)

    平成29年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売の協定予定者について

    平成29年度国有林材等(製品販売)の安定供給システム販売について企画競争により協定希望者を募集し審査したところ、別添のとおり協定予定者を決定しましたので公示します。

    公示(PDF : 57KB) 

    平成31年度販売委託先

    平成31年2月18日付け販売委託先の公募を実施し、審査の結果、販売業務を委託することができる問屋業者を決定したので、公示します。

    「平成31年度中部森林管理局販売業務を委託することができる問屋業者名簿」はこちら(PDF : 67KB)

    一般競争参加者の資格審査申請について

    令和2年4月1日から令和7年3月31日において、森林管理署等で入札を執行する国有林野事業に属する林産物の売払契約の一般競争に参加を希望される方は、下記により申請を行ってください。
    なお、令和2年3月31日までの資格審査申請については随時受け付けています。

    公示

    公示(PDF : 87KB)

    受付期間 

    令和元年12月1日~令和2年1月31日(行政機関の休日を除きます)。
    なお、やむを得ない場合は期間終了後も随時受付可能ですが、資格審査日(未定)に間に合わない場合は、資格通知が令和2年4月1日以降になることがありますので、予めご承知下さい。 

     提出書類

    提出先

      最寄りの森林管理署等に必要書類を添付の上、提出してください。  

     競争参加資格申請事項変更届

    既に林産物の売払に係る競争参加有資格者となっている方の登録内容が変更になった場合には、以下の変更届に所定の書類を添えて提出してください。 

      提出書類

    提出先

      最寄りの森林管理署等に上記提出書類を提出してください。 

     林産物の購入に関する留意事項

        林産物の購入を希望される際には、次の内容をご確認ください。

    国有林ならではの特産樹種の販売

    わが国においては歴史的に重要な城郭等の文化財や神社・仏閣等の建築物に 高品質材として評価が高い「木曽ヒノキ(Japanese cypress (Kiso Hinoki))」が使用されている例が多くあります。貴重な木造建築物・建築文化を継承するために従来から比較的大径材が多く含まれる森林を特定して「木曽ヒノキ文化財等大径材択伐生産群」(木曽森林管理署及び南木曽支署管内で約27ha)を設置し、文化財的価値の高い建造物等への木曽ヒノキの安定的な供給に努めています。更に、木曽ヒノキ(Japanese cypress (Kiso Hinoki))、天然サワラ、コウヤマキなど、文化財等の修復・造営時に必要な特殊寸法の大径材の注文にも対応できるように努めています。 

     木曽ヒノキの販売(出品風景)

    木曽ヒノキの販売(出品風景)

    ブランド材の供給と需要拡大

    クリーンウッド・ナビ

    合法伐採木材等に関する情報

    お問合せ先

    森林整備部資源活用課

    担当者:供給計画係
    ダイヤルイン:050-3160-6565
    FAX番号:026-236-2686

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader