このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ブランド材の販売

    〇高〇国木曽ひのき

    木曽森林管理署、南木曽支署では、平成25年度より木曽谷の国有林野から生産される、林齢80年生以上の高齢級人工林ヒノキについて、良質な素材を「〇高〇国 木曽ひのき」(呼称:マルコウ マルコク  キソヒノキ)と称して販売します。

    〇高〇国木曽ひのき(PDF : 361KB)

    「信州プレミアムカラマツ」


    平成29年5月25日、長野市のビックハット(国際ウッドフェア開催中)において、阿部長野県知事、新島中部森林管理局長、藤原長野県森林組合連合会代表理事会長、宮崎長野県木材協同組合連合会理事長の4名が出席し、信州産カラマツのブランド名『信州プレミアムカラマツ』を発表しました。

    *長野県産の林齢80年生以上の高齢級カラマツ人工林から径級30センチ以上の良質な大径材丸太を厳選し「信州プレミアムカラマツ」として今年秋頃より供給・販売の予定。

    「信州プレミアムカラマツ」(PDF : 842KB)

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader